WECタイトル防衛を懸けたトヨタの戦いがスパで開幕。2台のGR010ハイブリッドがデビュー

 4月29日、WEC世界耐久選手権第1戦スパ6時間レースのフリー走行1回目がベルギー、スパ・フランコルシャン・サーキットで行われ、TOYOTA GAZOO Racingは新型ハイパーカー『トヨタGR010ハイブリッド』が最初の公式セッションで総合7番手と同10番手タイムを記録した。

 シリーズ2冠王者として2021年シーズンのタイトル防衛を目指すTGRは、今季からLMP1に代わって創設されたハイパーカー(LMH)クラスに4輪駆動のル・マン・ハイパーカー、トヨタGR010ハイブリッドを投入。同クラスに参戦するスクーデリア・キャメロン・グリッケンハウス、特例でLMP1ノンハイブリッドカーを走らせるアルピーヌと選手権を争うことになる。

 そんなトヨタは今週月曜、火曜に行われたプロローグ・テストに続き、木曜に開幕した今季開幕戦スパのフリープラクティスに参加。昨シーズン世界王者となったマイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ-マリア・ロペス組の7号車が2分04秒574というタイムで総合7番手に、ル・マンウイナーであるセバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/ブレンドン・ハートレー組8号車は2分04秒947で総合10番手となっている。

 この日、セッショントップタイムを記録したのは、プロローグから速さを見せているLMP2カーで、そのタイムは2分04秒083だった。これは今戦、TGRの直接のライバルとなるアルピーヌのタイムをも上回っており、LMP2カーが予選ポールポジション争いや決勝での総合優勝争いに加わる可能性を示した。

「今日はあまり多く走れなかったので、自分たちの立ち位置を明確に把握するのは難しいですが、プロローグ・テストでも同じような状況だったので驚くことではないです」と、この状況にも冷静な可夢偉。

「7号車はプロローグ・テストでもあまり走れなかったということもあり、もっとロングランをしてGR010ハイブリッドを把握していくことが必要だと思っています」

 7号車のベストタイムを記録したコンウェイは「あまり周回を稼げたわけではなかったが感触は良かった。何度かのロングランを試したけど順調だったし、今日のようなより寒いコンディションでも車両バランスはさらにいい感触だった」とコメント。

 僚友のロペスは「スパはタイヤ、車両どちらにとっても特殊なサーキットなので、車両の把握を深めるため、まだセットアップやタイヤについて学んでいる途中」とし、「着実に進歩を遂げている。明日も順調にセッションをこなすことが最優先だ」と続けた。

7号車トヨタGR010ハイブリッドを見つめる小林可夢偉
7号車トヨタGR010ハイブリッドを見つめる小林可夢偉
マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ-マリア・ロペス7号車トヨタGR010ハイブリッド
マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ-マリア・ロペス7号車トヨタGR010ハイブリッド

■「このような挑戦も悪くない」と中嶋一貴

 公式テストの後、TGRのエンジニアはドライバーとともデータを分析し、スパ・フランコルシャンでのセットアップ改良を目標に懸命な作業を続けてきた。この日、2台のGR010ハイブリッドは前述のコメントにもあるように順調に周回をこなし、合計67周、469kmを走破。エンジニアに有用なデータをもたらしている。

「今日はまずまずな1日でした」と語った一貴は、「LMP2カーとの比較では僅かに遅れを取っていますが、テストの時よりも感触はいいですし、このような挑戦も悪くありません」と言う。

「いくつかの解決策を見つけましたし、感覚的にはむしろポジティブです。ニュータイヤで何周かしたのも役立ち、バランスも良くなりました。GR010ハイブリッドの感触は改善されていて、扱いやすくなっていますが、まだやるべきことは残っています」

 チームメイトのブエミも「多くの周回を重ねることができてうれしい。ラップタイムこそ期待どおりではなかったとしても、セットアップは順調に進んでいると感じている」とポジティブな感想を述べた。

「今日はずっとドライで走れたのも良かった。ドライ路面であるだけでもうれしいけれど、これが週末まで続いてくれることを祈っている」

 ハートレーは「今日は曇り空でコースコンディションがプロローグ・テストの時とは異り、今後もどうなるか分からない」と“スパ・ウェザー”を警戒する。

「僕たちはテストのあと、異なるセットアップを試しているけど、それらが車両バランスにどう影響するかを分析する必要がある。これら作業のすべてが、GR010ハイブリッドに慣れ、決勝レースへ向けて改善していくために必要なプロセスなんだ」

 スパでのレースウイーク初日を終えたチームは明日30日(金)も2度の公式練習セッションをこなし、夕方18時40分(日本時間深夜1時40分)から行われる予選に挑むことになる。

8号車トヨタGR010ハイブリッド WEC第1戦スパ・フランコルシャン
8号車トヨタGR010ハイブリッド WEC第1戦スパ・フランコルシャン
セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/ブレンドレン・ハートレー組8号車トヨタGR010ハイブリッド
セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/ブレンドレン・ハートレー組8号車トヨタGR010ハイブリッド
7号車トヨタGR010ハイブリッド WEC第1戦スパ・フランコルシャン
7号車トヨタGR010ハイブリッド WEC第1戦スパ・フランコルシャン