スーパーGT第2戦富士で“静かなる応援”を。エールを送る企画をぜひ一緒に!

 5月3〜4日に静岡県の富士スピードウェイで開催されるスーパーGT第2戦『たかのこのホテル FUJI GT 500km RACE』。ゴールデンウイークの一戦で、例年多くのファンが訪れるレースだが、このレースに向け、グランドスタンドから熱い声援を送る私設応援団が、メーカー、チーム、ドライバー、そしてレースを支えるすべての人にエールを送る企画を立てている。

 さまざまなメーカー、チームにグランドスタンドから熱い声援を送っているスーパーGTの私設応援団。日本のモータースポーツを盛り上げる存在であり、実際にレースを戦うドライバーやチームの力にもなっている存在だ。

 そんな応援団にとって辛いシーズンとなったのが2020年。新型コロナウイルス感染拡大の影響により、スーパーGTはシーズン前半が無観客開催に。またシーズン後半も声を出すことができず、なかなか思うような応援をすることができなかった。そんななかでも、グランドスタンドに思いがこもったフラッグを掲出した。

 2021年も有観客とはいえ、2019年までのようにはいかない状況だ。そんななか、5月3〜4日に開催されるスーパーGT第2戦で、2020年前半戦のフラッグに続く、応援団、モータースポーツファンからエールを送る企画の第2弾が行われる。

 日時は、スーパーGT第2戦富士の決勝日、12時15分から行われるドライバーアピアランスの終了直後。場所はグランドスタンドの全チームピット前エリアだ。当日は、グランドスタンドにいるファン全員に聞こえる方法で合図が出されるという。そこで、モータースポーツファンすべての人に、掲げられる応援グッズを掲げて欲しいという。

 グッズはフラッグやチームタオル、Tシャツ等なんでもOK。もちろん手作りのメッセージボード等も大歓迎だ。ただし掲げる際は、うしろの方の視界を遮らないように前に出すようにご注意を。またグッズは少し振ったり動かすと躍動感が出る。声は出せずとも、サーキットが一体になるような企画になるはず。

 応援団はもちろん、すべてのモータースポーツファンに参加いただきたい企画。“静かなる応援”でスーパーGT第2戦を盛り上げよう。詳しくはこちらのブログ(https://ameblo.jp/nissan-ouendan-dancho/entry-12670143718.html)まで!

2020年スーパーGT第1戦富士。モータースポーツファンの思いがフラッグに込められた。
2020年スーパーGT第1戦富士。モータースポーツファンの思いがフラッグに込められた。