ドイツのT3モータースポーツがランボルギーニ・ウラカンGT3でのDTM参戦を発表

 ドイツのT3モータースポーツは、2021年のDTMドイツ・ツーリングカー選手権に、1台のランボルギーニ・ウラカンGT3 Evoで参戦すると発表した。ドライバーには若手のエステバン・ムースを起用する。

 昨年のADAC GTマスターズでベントレーとアウディのマシンを走らせていたT3モータースポーツは、アウディ、メルセデスAMG、フェラーリ、BMWに続く、5番目のフルタイム・ブランドとしてDTMのグリッドに着く。スポット参戦を表明しているJPモータースポーツのマクラーレンを含めると、これでDTMに参戦するのは6ブランドとなった。

 T3モータースポーツは2021年からランボルギーニでのプログラムへと切り替え、DTMへの新規参戦とともにGTマスターズではウラカンGT3 Evoを3台、走らせる。

 ベルギー籍のティーンエイジャーであるムースは、DTMデビューを飾る準備が整っている。昨年はいくつかのGT4ヨーロピアン・シリーズに出場し、また2019年にはバルセロナで開催されたブランパンGTシリーズ/エンデュランス・カップに、ストラッカ・レーシングのメルセデスAMG GT3で参戦した経験を持つ。

 また、ムースのシングルシーターでのキャリアにはフランスF4と、現DTMドライバーであるリアム・ローソンおよびルーカス・アウアーらに続きランキング5位で終えた2019年のトヨタ・レーシング・シリーズが含まれている。

「我々は土曜日にエントリーを提出した」とT3モータースポーツ・チームの代表である、イェンス・フォイヒトは述べている。

「これはT3モータースポーツにとって、まだ歴史の浅いチームにおけるマイルストーンだ。これは将来への大きな一歩であり、技術規則が調整された最初のタイミングからDTMに参加することが、とくに重要だ」

「この大規模なプロジェクトにおいても自分を信頼してくれた株主の皆さんに、心より感謝したい。また、車両パートナーのランボルギーニにも感謝している。彼らはDTMプロジェクトにおいても我々をプロモートし、サポートしてくれる」

「うまくチームを機能させ、ともに成功を祝うことができるよう、あらゆる努力をしていくつもりだ」

 T3モータースポーツは、GT4ベースのマシンが参加するDTMトロフィー・シリーズにも参戦する予定だ。チームは2台のアウディR8 LMS GT4をADAC GT4ドイツで走らせている。