カメラマンが「からかわれた」!? VW次世代マルチバン「T7」市販型はスタイリッシュなLEDユニットを装備

■現行型より短く、より滑らかで低いフードを装備、フロント全幅に広がるLEDに注目

フォルクスワーゲン(VW)が開発中のマルチバン「T7」の最新プロトタイプをカメラが捉えるとともに、市販型フロントマスクが映るティザーイメージが初公開されました。

VW T7_004
VW T7 市販型プロトタイプ

Tシリーズは「欧州のハイエース」的存在であり、現行型「T6」は2019年に「T6.1」へ改良、いよいよ次世代型「T7」へバトンタッチされます。

VW T7 ティザーイメージ
VW T7 ティザーイメージ

捉えたプロトタイプからは、現行型より短く、より低いフードと、新設計されたフロントクォーターウィンドウを持っていることがわかります。

また、輪郭のはっきりとしたホイールアーチ、サイドには凹んだアクセントが特徴のキャラクターライン、そしてリアエンドではスポーティなスポイラーを備えるリフトゲートが確認できます。

テストドライバーがマスクを顔にかけて、カメラマンに向けてふざけているのも欧州人ならではです。

一方ティザーイメージでは、T6.1よりはるかに滑らかなフード、スタイリッシュなLEDライトニングユニットを装備する近未来的フロントエンドが見てとれます。ヘッドライトは一般的ですが、ほぼ全幅に広がるLEDストリップライトグリルは、マルチバンとしてはインパクト大と言えます。

キャビン内も大きな進化を見せます。デジタルインストルメントクラスタと自立型インフォテインメントシステムを備える「ゴルフ」風ミニマリストなコックピットが予想されます。

VW T7_007
VW T7 市販型プロトタイプ

パワートレインは謎のままですが、ガソリンおよびディーゼルはもちろん、マイルドハイブリッドやプラグインハイブリッドなど電動モデルのラインアップも濃厚といえそうです。PHEVには「ゴルフGTE」から技術を流用した直列4気筒ガソリンエンジンと小型のモーターが組み合わされると予想されています。

T7市販型のデビューは今後数週間とみられます。

APOLLO