Mスポーツ・フォード、ハイブリッドを搭載した2022年の“ラリー1”車両を初公開

 WRC世界ラリー選手権に参戦しているMスポーツ・フォード・ワールド・ラリー・チームは4月27日、2022年シーズンから導入される“ラリー1”規定に則した新型ラリーカーを公式SNSを通じて初公開した。

 イギリスの名門ラリーチームは、既存3メーカーが合意した2022年スタートのWRCハイブリッド時代に先駆け、今年3月にハイブリッドシステムを搭載したラリー1規定車のシェイクダウンを予告。その後、元WRCレギュラードライバーのマシュー・ウィルソンによって、初めての走行テストがイギリスで実施されている。

 今回、新型車両を初公開したMスポーツ・フォードは同時に発表したコメントにおいて、イギリス国内ですべてのサーフェス(路面)と気象条件のテストを完了したことを明らかにした。

 また同チームは、「2022年に向けた研究開発の次の段階に入ろうとしている。(まもなく)ハイブリッド時代の次のステップのテストが開始されるので注目してほしい!」と続けている。

あらゆる路面や気象条件下でテストが行われたMスポーツ・フォードの新型ラリーカー
あらゆる路面や気象条件下でテストが行われたMスポーツ・フォードの新型ラリーカー