伝説の高級ブランド「ホルヒ」市販型、アウディ最後のW12エンジンを搭載か!?

■A8改良型に設定されるLWBバージョン。Cピラー基部に「H」ロゴか?

アウディは現在フラッグシップ・4ドアセダン『A8』改良型を開発していますが、その派生ロングバージョンとなる「A8 LWB」プロトタイプをカメラが捉えました。

アウディ A8 ホルヒ_007
アウディ A8 ホルヒ 市販型プロトタイプ

近年、自動車業界はクロスオーバーSUVの台頭により、大型セダンの多くが支持されなくなっています。

とはいえ、メルセデス・ベンツは「Sクラス」新型を発売したほか、BMWは2022年に「7シリーズ」をフルモデルチェンジ、そしてアウディは「A8」改良型を開発するなど、ビッグジャーマンスリーがフルサイズ高級セダンセグメントを存続させることを決意していることがわかります。

アウディ A8 ホルヒ_011
アウディ A8 ホルヒ 市販型プロトタイプ

捉えたプロトタイプは、後部ドアがストレッチされており、ロングバージョンであることがわかるほか、フロントエンドには、その幅全体を覆うような水平基調のバーが消えたフロントグリルが確認できます。

これまでと同様に複数の垂直スラットが黒で仕上げられた複雑なパターンになっていますが、生産型ではクロム、またはメタリックに仕上げられることも予想されます。また、コーナーエアインテークにシルバートリムを装備、ベースモデルと差別化が図られています。

注目はCピラーの基部にある小さなカモフラージュです。ここには「ホルヒ」を示す「H」バッジが隠されていると思われます。ホルヒは、アウグスト・ホルヒ氏により1899年に設立、1904年に最終的所在地のツヴィッカウに移転した戦前の超高級ブランドで、アウディの起源ともされています。最終的にこの車名が使用されたのは1932年で、復活すれば90年ぶりとなります。

ホルヒ復活となれば、その室内にはプレミアムレザー、ウッドトリムを追加、フルレングスのセンターコンソール、ヒーター、換気、フットレスト、マッサージ機能を備えた2つの個別のリアシートなど、A8以上の豪華装備も期待できるでしょう。

アウディ A8 ホルヒ_004
アウディ A8 ホルヒ 市販型プロトタイプ

パワートレインは、ベントレー「フライングスパー」から流用される6リットルW型12気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力は635ps・最大トルク900Nmを発揮、W12エンジンを搭載する最後のアウディと噂されています。また4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載、最高出力459ps・最大トルク600Nmを発揮する廉価バージョンも用意される可能性もあるようです。

A8ホルヒのデビューは、A8およびS8改良型と同時期の2021年後半と予想、メルセデスの最高峰「マイバッハ」のライバルとして市場で争うことになります。

APOLLO