メルセデス・ベンツの第2弾EV、コンパクトSUVの「EQA」は640万円。航続距離は422km!

■EV専用「Electric intelligence ナビゲーション」を搭載

日本におけるメルセデス・ベンツブランドで第2弾となる、EVのEQAが正式発表されました。以前お伝えしたように、導入記念車の「EQA 250 edition1」が正式発表前に設定され、限定50台はすでに完売しています。

メルセデス・ベンツEQA
2021年4月26日に発表されたカタログモデルのEQA

EQAは、コンパクトSUVのGLAをベースにEV化されたコンパクトSUV。

カタログモデルとして2021年4月26日に発表・発売された「EQA 250」の価格は、640万円です。EQAのボディサイズは、全長4465×全幅1835×全高1625mmで、EV第1弾のEQC(全長4770×全幅1885×全高1625mm)よりもひと回り小さくなっています。

メルセデス・ベンツEQA
電動化されてもメルセデス・ベンツらしい走りや快適性を実現したという

リチウムイオンバッテリーは、前後アクスル間のフロア部に搭載され、容量は66.5kWh、航続距離はWLTCモードで422km。充電は6.0kWまでの普通充電と、100kWまでの急速充電(CHAdeMO規格)に対応しています。

最高出力は190PS(140kW)・最大トルクは370Nmを発揮。回生ブレーキは5段階で設定可能で、パドルシフトの左側が回生レベルの上昇、右側が低減を担います。停止時は、ワンペダルでは止まらず、ドライバーがブレーキを操作する必要があります。

メルセデス・ベンツEQC
メルセデス・ベンツEQCの走行イメージ

ほかにも、最新の対話型インフォテインメントシステム「MBUX」が搭載され、従来の会話のほかにも「充電ステーションを探して」「8時までにクルマのクライメートコントロールを設定して」など、EVならではの機能にも対応。

さらに「Electric intelligence ナビゲーション」が採用されていて、ナビのマップデータから得られた勾配情報、充電ステーションの位置情報、車両の充電状況及び気温情報などを総合的に判断し、どこで充電すべきかも含めた適切なルートが案内されます。

もちろん、充電ステーションの情報をナビ上に表示することも可能です。

メルセデス・ベンツEQC
メルセデス・ベンツEQCのインパネ

先進安全装備もアップデートされ、充実のドライバーサポート機能を備えています。

また、初めてのEV所有の不安を払拭させるメニューも用意されています。安心のEVカーライフと充電サービス「Mercedes me Charge」がそれで、保険料、税金、メンテナンス費用をまとめて月々定額にできる「メルセデス・スタイル」を用意。

さらに、新車購入から5年間または10万kmのいずれか早い方まで、一般保証修理、定期メンテナンス(点検整備の作業工賃・交換部品)、24時間ツーリングサポートが無償で提供される保証プログラム「EQケア」が適用されます。

メルセデス・ベンツEQC
バッテリー容量は66.5kWh、航続距離はWLTCモードで422km

高電圧バッテリーの保証は、8年または16万km以内で、サービス工場の診断機により高電圧バッテリーの残容量が70%に満たないと診断された場合の保証が付帯されます。ほかにも、「EQケア」期間中、希望のモデルを5回無料で利用できる貸出サービス「シェアカー・プラス」も付いてきます。

充電では、納車時に車載される専用の充電カードを使い、全国約21,000基ある提携充電ネットワークで充電が可能。

メルセデス・ベンツEQC
メルセデス・ベンツEQCのフロントシート
メルセデス・ベンツEQC
メルセデス・ベンツEQCのフロントマスク

なお、充電利用料と月額基本料は1年間無料になります。家庭での普通充電は、6.0kW(30A)対応の交流普通充電器本体が無償提供されるほか、設置にかかる費用負担を軽減するため10万円のサポートもあります。初めてのEVを「EQA」にするオーナーへの万全のバックアップ体制が敷かれています。

塚田 勝弘