4代目の新型アウディA3スポーツバック、A3セダンが日本上陸。スポーツバックの価格は310万円〜

■1.0L直列3気筒ガソリンターボには、48Vマイルドハイブリッドを搭載

8代目フォルクスワーゲン・ゴルフは、以前お伝えしたように、すでに先行予約を開始しています。ゴルフVIIIと同じく「MQB(Evo)」というプラットフォームを使う新型アウディA3が2021年4月21日、日本で発表されました。

アウディA3 S3
新型アウディA3/S3スポーツバックのエクステリア

新型アウディ A3 スポーツバックのボディサイズは、先代よりも20mm長くなり全長4345mm(advanced)、全幅は30mmワイドになり1815mmになっています。

アウディA3
新型アウディA3のリヤシート

取り回しを考えるとサイズアップは諸手を挙げて歓迎はできないものの、フロントのヘッドルームは7mm、エルボールーム(肘まわり)は6mm拡大しています。後席も広くなっていて、ショルダールームが2mm、肘まわりが3mmと拡大。

また、荷室容量も380L〜最大1200LとCセグメントハッチバックとして広い部類になっています。

アウディA3
新型アウディA3スポーツバックのリヤスタイル

搭載されるエンジンは「30」系が1.0Lの直列3気筒DOHCガソリンターボ(110PS/200Nm)、「40」系が2.0L直列4気筒DOHCガソリンターボ(190PS/320Nm)、「S3」も同じ2.0LのDOHCガソリンターボ(310PS/400Nm)に強化されています。

アウディA3
新型アウディA3のインパネ

なお「30」系が搭載する1.0Lの直列3気筒DOHCガソリンターボは、ベルト駆動式オルタネータースターター(BAS)と48Vリチウムイオンバッテリーを搭載した、マイルドハイブリッドドライブシステムが組み合わされています。

これにより、低燃費化はもちろん、加速時にはモーターによるアシストによりスムーズな走りを可能にするそう。一方の「40」系には、quattro四輪駆動システムと組み合わせられます。

アウディS3
新型アウディS3スポーツバックのリヤビュー

トランスミッションは、両エンジンともに高効率な7速Sトロニック(デュアルクラッチトランスミッション)。

サスペンションは「30 TFSI」のフロントがマクファーソンストラット式、リヤがトーションビーム式。「40 TFSI」は、フロントがマクファーソンストラット式、リヤがウィッシュボーン式になります。

最新の先進安全装備も備わります。従来のアダプティブクルーズコントロールやアクティブレーンアシスト、トラフィックジャムアシストを統合した「アダプティブクルーズアシスト」をオプション設定。前走車の追従機能に加えて、車線からのはみ出しを自動で修正する車線維持機能により、ドライバーの疲労を軽減する機能。

アウディA3
アウディA3スポーツバックのラゲッジスペース

アウディA3スポーツバックの価格帯は310万円〜642万円。アウディA3セダンは329万円〜661万円。

アウディS3
310PS/400Nmを発揮するS3の2.0Lガソリンターボエンジン

なお、新型A3の日本導入を記念した「1st edition」が設定されています。「A3 30 TFSI advanced」をベースに装備を充実したモデルをスポーツバックが375台、セダンは125台を用意。S3スポーツバックは125台設定。

価格は、A3スポーツバックが453万円、A3セダンが472万円、S3スポーツバックが711万円になります。

塚田 勝弘