ハイラックスにコスパで挑む! サンヨン・ムッソーが大幅改良へ

■シャープなLEDデイタイムランニングライトを備える新ヘッドライト装備

韓国サンヨンが販売するピックアップトラック、「ムッソー」改良型プロトタイプをカメラが初めて捉えました。

サンヨン ムッソー_007
サンヨン ムッソー 改良型プロトタイプ

韓国語で「サイ」を意味する言葉を起源とする初代「ムッソー」は、1993年に発売、2005年に生産終了し「カイロン」へバトンタッチされましたが、2018年に「レクトンスポーツ」で再登場。改良型で「ムッソー」の名前が再び採用されました。

サンヨン ムッソー_009
サンヨン ムッソー 改良型プロトタイプ

スウェーデン・ラップランドの凍りついた湖で捉えたプロトタイプは、韓国モデル特有のキャンパスのカモフラージュで覆われており、ディテールは不明ですが、シャープなLEDデイタイムランニングライトを備える新ヘッドライトや新設計されたグリルの一部が見てとれます。

キャビン内では、デジタルインストルメントクラスタやタッチ式インフォテインメントディスプレイなど高級化に注目です。

パワートレインは、最高出力181psを発揮する2.2リットル直列4気筒エンジンを搭載、早ければ2021年内にショールームに登場するとみられます。

ピックアップトラック市場ではトヨタ「ハイラックス」や日産「ナバラ」など強力なライバルが存在していますが、そのコスパの良さを武器に争うことになりそうです。

APOLLO