中須賀、レース終盤に清成を引き離し優勝。加賀山が3位表彰台/全日本ロード第2戦鈴鹿2&4 JSB1000レース1

 4月24日、2021年MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第2戦NGKスパークプラグ 鈴鹿2&4レースのJSB1000クラス レース1が三重県の鈴鹿サーキットで行われ、中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)が優勝した。

全日本ロード第2戦鈴鹿2&4レースを欠場することとなった渡辺一樹(Yoshimura SERT Motul)
全日本ロード第2戦鈴鹿2&4レースを欠場することとなった渡辺一樹(Yoshimura SERT Motul)

 午前中には予選、午後にはレース1と忙しい一日となった土曜日。午前中には薄日が差す時間もあったものの、午後は雲が厚くなった。そんななかで好スタートを切ったのは清成龍一(Astemo Honda Dream SI Racing)。ホールショットを奪ってレースをリード。

序盤から逃げるトップ4台/2021年全日本ロード第2戦鈴鹿2&4レース JSB1000 レース1
序盤から逃げるトップ4台/2021年全日本ロード第2戦鈴鹿2&4レース JSB1000 レース1

 2番手には2列目スタートの岩田悟(Team ATJ)。ポールシッターの中須賀は3番手で続き、この3台が後続を引き離しにかかる。2周目には中須賀が岩田と捉えて2番手浮上。さらにトップ集団には濱原が加わり、4台での争いに。

 トップ集団は清成、中須賀、濱原、岩田の順で3周目に突入。その後デグナーカーブふたつ目の立ち上がりでクラッシュが発生。それが起因で計5台が転倒し、セーフティカー導入となる。

セーフティカーラン/2021年全日本ロード第2戦鈴鹿2&4レース JSB1000 レース1
セーフティカーラン/2021年全日本ロード第2戦鈴鹿2&4レース JSB1000 レース1

 セーフティカーは6周終了と同時にピットに入り、レースはリスタート。ここでマシントラブルにより濱原もピットイン。さらに9番手を走行していた名越哲平(MuSASHi RT HARC-PRO.Honda)が転倒。代わりにセーフティカー導入前はセカンド集団のトップを走行していた加賀山就臣(Team KAGAYAMA)がトップ集団に加わる。

 10周目の1コーナーで中須賀がトップ浮上。清成を背後に従える。岩田は徐々に集団から遅れだし、替わりに加賀山が中須賀、清成の背後につけて周回を開始した。

3位争いをする加賀山就臣(Team KAGAYAMA)と岩田悟(Team ATJ)/2021年全日本ロード第2戦鈴鹿2&4レース JSB1000 レース1
3位争いをする加賀山就臣(Team KAGAYAMA)と岩田悟(Team ATJ)/2021年全日本ロード第2戦鈴鹿2&4レース JSB1000 レース1

 11周目にはペースを上げて清成を引き離した中須賀はトップ単独走行に移行。清成も単独2番手走行。清成に引き離された加賀山は岩田に表彰台争いを挑まれる。

 周回ごとにペースを上げた中須賀は、3秒以上のアドバンテージを築いて独走優勝で開幕3連勝。清成は2位。3位争いは最終ラップの岩田の130Rでの転倒であっけなく決着。加賀山が表彰台を得た。

優勝を飾った中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)/2021年全日本ロード第2戦鈴鹿2&4レース JSB1000 レース1
優勝を飾った中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)/2021年全日本ロード第2戦鈴鹿2&4レース JSB1000 レース1
レース後にパルクフェルメでハイタッチする中須賀克行、加賀山就臣/2021年全日本ロード第2戦鈴鹿2&4レース JSB1000 レース1
レース後にパルクフェルメでハイタッチする中須賀克行、加賀山就臣/2021年全日本ロード第2戦鈴鹿2&4レース JSB1000 レース1
パルクフェルメで喜ぶ中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)/2021年全日本ロード第2戦鈴鹿2&4レース JSB1000 レース1
パルクフェルメで喜ぶ中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)/2021年全日本ロード第2戦鈴鹿2&4レース JSB1000 レース1
2021年全日本ロード第2戦鈴鹿2&4レース JSB1000 レース1 表彰台
2021年全日本ロード第2戦鈴鹿2&4レース JSB1000 レース1 表彰台