SS1で1台を失ったトヨタ、オジエとエバンスが優勝狙える2、3番手につける/WRC第3戦

 WRC世界ラリー選手権は4月23日、第3戦『クロアチア・ラリー』のデイ1を迎えSS1~SS8が行われた。3台のトヨタ・ヤリスWRCでシリーズに参戦するTOYOTA GAZOO Racing WRTはこの日、セバスチャン・オジエが総合2番手、エルフィン・エバンスが僚友に次ぐ同3番手で終えた一方、若手のカッレ・ロバンペラはコースオフによってリタイアを喫した。

 WRC初開催となるクロアチア・ラリーの競技初日は、サービスパークが置かれた首都ザグレブの南西エリアに設定された4本のステージを各2回走行するスケジュールで争われた。

 この日は朝から晴天に恵まれたものの、前日の夜に降った雨の影響で路面の一部が濡れた状況に。また、乾いた路面であっても舗装の状態が刻々と変化する、非常にトリッキーなコンディションとなった。そんななか最年少ポイントリーダーとして1番手でラリーに臨んだロバンペラは、SS1の5.4km地点でコースを外れ崖下に転落してしまう。
 
 幸いロバンペラと同乗するヨンネ・ハルットゥネン(コドライバー)は無事だったが、車両のダメージはロールケージにまで及んだため、競技続行は不可能となり早々にラリーからリタイアすることになった。

「高速の右コーナーがとても滑りやすく、少し進入スピードが高すぎたこともあり、タイヤのグリップを失ってコースを外れ、大きなクラッシュを喫してしまった」とアクシデントを振り返ったロバンペラ。

「僕とヨンネが無事だったのは不幸中の幸いだったが、チームに対しては本当に申し訳なく思う。コースオフは自分のミスによるものだし、今後のためにこの経験から学ばなくてはならない」

 波乱の幕開けとなったなか、ベテランのオジエは午前中のSS3でエバンスとベストタイムを分け合った後、日中のサービスを挟んで行われた午後のループでSS6~8の3ステージで連続して最速タイムをマーク。

 キャリア通算600回目のSS優勝を果たし、SS8でチームメイトを逆転して首位と7.7秒差の総合2番手で初日を終えた。

 選手権ポイントでオジエと並ぶエバンスは、前述のとおりSS3でベストタイムを刻んだほか3本ステージで2番手タイムを記録するなど1日を通して安定感のある走りを披露。その結果オジエと0.3秒差、首位とは8秒差の総合3番手につけている。

 TOYOTA GAZOO Racing WRCチャレンジプログラムに参加し、今季全戦でトヨタ・ヤリスWRCを駆る勝田貴元はSS3終了時点で総合7位につけていた。しかし、その後ジャンクションでのオーバーシュートやエンジンのストールによって遅れ、初日を総合9位で終えることとなった。

エルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC) 2021年WRC第3戦クロアチア
エルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC) 2021年WRC第3戦クロアチア
勝田貴元(トヨタ・ヤリスWRC) 2021年WRC第3戦クロアチア
勝田貴元(トヨタ・ヤリスWRC) 2021年WRC第3戦クロアチア
SS1でクラッシュを喫したカッレ・ロバンペラのトヨタ・ヤリスWRC  2021年WRC第3戦クロアチア
SS1でクラッシュを喫したカッレ・ロバンペラのトヨタ・ヤリスWRC  2021年WRC第3戦クロアチア

■「ドライバーは大変だったと思う」とヤリ-マティ・ラトバラ代表

「今日の結果には概ね満足している。戦いは非常に激しく、セバスチャン(・オジエ)とエルフィン(・エバンス)は首位のライバルを追い続けたが、とくに午後の再走ステージはとても良かったと思う」と語るのはTOYOTA GAZOO Racing WRTのヤリ-マティ・ラトバラ代表。

「午前中のステージは予想していたように難しく、ステージは路面のグリップ変化が多く、ドライバーは大変だったと思う」

「しかし、サービスでセットアップを少し変更したところ、彼らはクルマに対して自信を持つことができたようだ。明日、首位に挑むために非常にいい位置につけていると思うよ」

「残念ながら、カッレ(・ロバンペラ)はこのラリーで多くの経験を積むことができなかった。彼がコースオフしたのは非常にトリッキーな場所で、このようなことは充分起こり得るものだ」

「何よりも重要なのは、カッレとヨンネが無事だったことだ。あとはただ、前に進むしかない」

 ロバンペラが転落した場所で自らも危ない目に逢いかけたというオジエは「驚いたことに、そのコーナーは他よりもさらに滑りやすく、コーナリングラインがワイドに膨らみ、不運にもタイヤがホイールのリムから外れタイムを失ってしまった」とコメント。

 エバンスは「完璧なラリー初日ではありませんでしたが、全体的には順調な1日だったと思う」とデイ1を振り返っている。

 24日(土)に行われる第3戦クロアチアのデイ2は、引き続きサービスパークの南西エリアを舞台に午前と午後に4本ずつ、計8本のSSで争われる。その合計距離は121.92kmと今大会最長だ。

エルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC) 2021年WRC第3戦クロアチア
エルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC) 2021年WRC第3戦クロアチア
カッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC) 2021年WRC第3戦クロアチア
カッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC) 2021年WRC第3戦クロアチア
セバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC) 2021年WRC第3戦クロアチア
セバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC) 2021年WRC第3戦クロアチア