ヤマハ中須賀克行「いいリズムで走ることができた」/全日本ロード第2戦鈴鹿2&4 予選会見

 4月24日、三重県の鈴鹿サーキットで開催されている2021年MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第2戦NGKスパークプラグ 鈴鹿2&4レースの予選を終え、レース1、レース2ともにポールポジションを獲得した中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)が予選を振り返った。

中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)/2021年全日本ロード第2戦鈴鹿2&4レース JSB1000
中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)/2021年全日本ロード第2戦鈴鹿2&4レース JSB1000

■中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)
「昨日からの流れで、予選を使って決勝に向けてのセッティングを進めました。昨日は新品タイヤを履かずに4輪走行後の路面コンディションを確かめながら走行したのですが、今日は新品タイヤでバイクもよく機能して、いいリズムで走ることができました」

「目標タイムには届かなかったけれど、ふたつともポールポジションを取れたのは非常によかったかなと思います。あとは、タイヤが少し消耗したときのマシンの動きが、まだ自分とリズムが合っていないので、そこを少し合わせていけるよう決勝に向けて調整していきたいなと思っています」