FIAが新たな電動GTシリーズの概要を発表。GT3規定ベースの『コンバート案』も採用

 FIA国際自動車連盟は、新たに創設を目指す『電動GT選手権』の技術概要を4月21日付けで発表し、ピットストップ中の“高速充電”と現行GT3規定との“互換性要素”を含む、技術的詳細をアナウンスした。

 この新たな電動GT車両は、現在のICE(内燃機関)を搭載するGT3規定モデルと同等のパフォーマンス・ウインドウを狙った上で、電動モーターの特性により加速が向上し、予選時のラップタイムでGT3を上回る性能と速さを目指すという。

 レギュレーションの基本理念は、現在の市販ラインアップに電気自動車を展開する各メーカーやブランドに対し、モータースポーツを通じて電動モビリティの関連技術開発を行うプラットフォームの提供を目的としている。

 その対象には電動パワートレーンの供給を受けるOEMブランドや、内燃エンジンでのレース経験がないEV専門の開発者や企業群も含まれている。

 FIAがリリースしたステートメントによれば、すでにグローバルでGT3規定モデルを展開するマニュファクチャラーは、既存レースカーの「アーキテクチャーと特定の設計要素」を活用し、その骨格とベースシャシーを利用して「電動モデルに変換」できる、コンバート案の展開も見込まれているという。

 この新規定に則したすべての車両は、最大出力430kW(約577PS)、最低重量は1490〜1530kgの範囲に収められる。

 現在、WEC世界耐久選手権向けにプジョーのLMH(Le Mans Hypercar/ル・マン・ハイパーカー)開発にも携わるフランスのSaft(サフト)社は、独自のバッテリーレイアウトが構築可能なリチウムイオン・セルを供給。充放電のピーク値は700kWに設定され、レースでは同値での高速充電にも対応。ピットストップ時には最大で60%程度のチャージが計画されている。

 この電動GT車両の技術規則は、2020年12月16日のWMSC(World Motor Sport Council/世界モータースポーツ評議会)で承認されていたものの、当時はその技術的詳細が未公開のままとなっていた。

 生産車との関連性がこの規則の公式なアピールポイントにもなっており、各メーカーはさまざまなパワートレインのタイプから自由に選択することが可能に。後輪駆動と4輪駆動の両方のレイアウトが許可されており、デュアルまたはクアッドモーターのいずれの方式も認められる。

 その上で、各ホイールのトルクを自動的かつ独立して調整し「最高の」ハンドリング特性を実現するベクタリング的な動的車両制御も、テクニカルルールにより許可されている。

この新規定に則したすべての車両は、最大出力430kW(約577PS)、最低重量は1490〜1530kgの範囲に収められる
この新規定に則したすべての車両は、最大出力430kW(約577PS)、最低重量は1490〜1530kgの範囲に収められる
フランスのSaft(サフト)社は、独自のバッテリーレイアウトが構築可能なリチウムイオン・セルを供給する
フランスのSaft(サフト)社は、独自のバッテリーレイアウトが構築可能なリチウムイオン・セルを供給する

■2023年の始動を目指す電動GT車両シリーズ

「自動車業界における電動化推進の機運はますます高まっており、モータースポーツとその産業界もそこに関与し貢献したいと考えている。この分野ではますます多くの競争が起こっているからね」と語るのは、FIAでテクニカルディレクター職に就く、元シトロエン・レーシングのクサビエ・メステラン・ピノン。

「おもな技術的課題は、バッテリー開発と車両への統合、そして急速充電技術になる。これは標準コンポーネントや共通キットに依存するのではなく、電動モビリティ関連の技術を開発したいメーカーにとって非常に重要なポイントだ」と続けたピノン。

「それゆえ、既存のGT3プラットフォームを活用し、この新技術規則に適応することで確実なコスト管理ができるようになるはずだ」

 そして元アウディスポーツでトラックエンジニアとして活躍し、現在はFIAのGTコミッション代表を務めるリーナ・ゲイドも、この新たな電動GTレギュレーションが、今後もICE搭載のGT3規定と「共存していくことになる」との展望を示した。

「現在、高性能なエレクトリック・スーパーカーの市場は絶えず成長を続けており、メーカーが自社の技術を開発してアピールすることができるプラットフォームの整備が喫緊の課題になっていた」と語ったゲイド。

「そのため、これら技術規制の作成は過去18カ月間のFIA GTコミッションにとって重要なプロジェクトであり、私たちはテクニカルワーキンググループを通じてGTメーカーと定期的に話し合いを続けてきました」

「彼らもこの新しいカテゴリーに強い関心を示しており、その部分では手応えを得ている。その一方で、FIAのGTポートフォリオを拡大しつつ、この電動GTは既存のGT3と共存することになる。当面のあいだ、GT3は世界中のカスタマーレーシング市場の焦点であり続けるでしょう」

 この新規定を採用したグローバルチャンピオンシップは、本来2021年初頭にも発表される計画だった新規プロモーターのもと、常設サーキットでの開催が予定されており、充電設備は各会場に応じて既存のもの、もしくは一時的なインフラストラクチャを活用することを目指している。

 最終的な技術規則とチャンピオンシップの名称は後日発表される予定で、2023年の始動を目指して今後もカレンダー策定が続けられる。

「FIAのビジョンは、モータースポーツを持続可能なモビリティのための実験室にすることだ」と付け加えたのは、FIA会長のジャン・トッド。

「この新しい電動GTカテゴリーの発表は、最新のバッテリー技術と急速充電の開発に道を開くべく、成長するこの分野の目標達成を助ける重要なマイルストーンになる。我々の“Race-to-Road”アプローチの姿勢を示す、完璧な実例となるだろう」

既存GT3の「アーキテクチャーと特定の設計要素」を活用し、「電動モデルに変換」できるコンバート案の展開も見込まれている
既存GT3の「アーキテクチャーと特定の設計要素」を活用し、「電動モデルに変換」できるコンバート案の展開も見込まれている
現在のICE(内燃機関)を搭載するGT3カーと同等のパフォーマンス・ウインドウを狙った上で、電動モーターの特性により加速が向上し、予選時のラップタイムでGT3を上回る性能と速さを目指す
現在のICE(内燃機関)を搭載するGT3カーと同等のパフォーマンス・ウインドウを狙った上で、電動モーターの特性により加速が向上し、予選時のラップタイムでGT3を上回る性能と速さを目指す