シューマッハーとアイロットが2018年型フェラーリF1でテスト

 スクーデリア・フェラーリは4月22日、フィオラノにおいて育成ドライバーのためのF1テストを実施した。午前にはミック・シューマッハー、午後にはカラム・アイロットが走行した。

 前日にはレギュラードライバーのカルロス・サインツJr.が2018年型SF71Hで周回を重ねている。フェラーリは翌22日、フェラーリ・ドライバー・アカデミーのメンバーであるシューマッハーとアイロットに同マシンを利用してF1走行の経験を積む機会を与えた。シューマッハーは今年ハースからF1にデビュー、アイロットは現在フェラーリのテストドライバーを務めている。

 シューマッハーは午前、アイロットは午後に走行、それぞれ約200kmを走りこんだ。フェラーリは第2戦エミリア・ロマーニャの前にもSF71Hでのテストをフィオラノで行っており、その際にはレギュラードライバーのシャルル・ルクレール、育成ドライバーのマーカス・アームストロングとロバート・シュワルツマンが参加した。