メルセデス初の電気自動車『EQC400 4MATIC』が装備見直し。大幅値下げで再登場

 電動化のブランディングとして“MERCEDES-EQ”のサブネームを掲げて展開されるEVモデルのうち、先陣を切って日本上陸を果たしていた『EQC400 4MATIC』が一部変更を受け、標準装備の一部をオプション化することにより、メーカー希望小売価格を約185万円安と大幅にプライスダウンして登場。4月20日より予約受注が開始されている。

 2019年にメルセデス・ベンツ初の電気自動車(BEV)として登場した『EQC』は、前後アスクルに各1基ずつのモーターを搭載。非同期型2基の電気モーターを合計した最高出力は408PS(300kW)を誇り、最大トルク765Nmを発生する。

 そのモーターを駆動するバッテリーにはリチウムイオン電池を採用し、車体中央の床下にレイアウト。重量652kg、セル数384個のバッテリー容量は80kWhとなり、航続距離は400km(WLTCモード)を実現した。

 低負荷領域ではフロントモーターを主とし、ダイナミックなドライビング操作を感知するとリヤモーターが稼働し、前後のトルクを調整して4輪駆動の優れたドライビング特性を発揮する。

 また、前後両方のモーターをオルタネーターとして使用することで、回生ブレーキによる減速効果を最大限に高めるなど、BEVらしい個性を備える。

 そのバッテリーへのエネルギー回収量もステアリングホイール裏のパドルにより4段階の調整が可能に。パドルは左側が回生レベルの上昇、右側が低減のスイッチとなっており、回生のみで充分な減速感が得られるモードから、ほぼ減速なしのコースティングまでシチュエーションに応じたドライブが可能となる。

非同期型2基の電気モーターを合計した最高出力は408PS(300kW)を誇り、最大トルク765Nmを発生する
非同期型2基の電気モーターを合計した最高出力は408PS(300kW)を誇り、最大トルク765Nmを発生する

 そんな基本特性を持つ『EQC』のうち、カタログモデルとして展開されてきた『EQC400 4MATIC』が一部変更を受け、これまで標準装備だった“クライメートコントロール(前席左右・後席独立調整)” と“エナジャイジングパッケージ”をレザーエクスクルーシブパッケージに、おなじく標準装備としていた“ステンレスランニングボード”と“プライバシーガラス”、そして“ヘッドアップディスプレイ”をAMGラインにそれぞれオプション装備として追加。さらにガラススライディングルーフは単独オプションとして、各装備設定が見直された。

 これらの見直しにより、メーカー希望小売価格をこれまでの1080万円から895万円(税込)へと値下げし、リース契約満了時に残価の差額清算が不要なクローズエンドリースや、5年間10万kmまでの一般保証と無償のメンテナンスプログラム“EQケア”を全車標準設定とするなど、EV購入の敷居を下げる豊富なプログラムも用意される。

 さらにテレマティクスサービス“Mercedes me connect”には“MERCEDES-EQ”専用のサービスが付帯し、マップデータから得た勾配情報、充電ステーションの位置情報、車両の充電状況及び気温情報などを総合的に判断し『どこで充電すべきか』を含めた適切なルートを案内する“EQ オンラインナビゲーション”や、出発時刻・プリエントリークライメートコントロールの設定、エナジーフローや電費情報の表示、最大充電電流の設定など、多くの専用メニューが用意される。

 そのほか“24時間緊急通報サービス”などを最長10年間無償で提供する“安心安全サービス”と、Send2Carなどを3年間無償とする“快適サービス”のふたつのサポートも標準設定され、本格デリバリーは2021年6月頃が予定されている。

“Mercedes me connect”には”MERCEDES-EQ”専用のサービスが付帯。日本仕様は全車右ハンドルとなる
“Mercedes me connect”には”MERCEDES-EQ”専用のサービスが付帯。日本仕様は全車右ハンドルとなる

メルセデスコール:0120-190-610
メルセデス・ベンツ日本ウェブサイト:http://www.mercedes-benz.co.jp