まだ死んでいないランボルギーニのLMDh計画。2024年の参加に向け決断急ぐ

 ランボルギーニはLMDhプラットフォームに参加する有力な候補として再浮上しており、イタリアのメーカーは早ければ2024年にも関与する可能性のあるプログラムについて「すぐに」決定を下すことを目指している。

 Sportscar365はランボルギーニが昨年、ル・マン24時間レースの主催者であるACOフランス西部自動車クラブと北米スポーツカーシリーズを運営するIMSAの合同技術ワーキンググループ会議に残っていたにもかかわらず、2023年から導入される新規制に準拠したクルマを製造する計画を一時中断したことを理解している。

 しかし、ステファン・ウィンケルマンがランボルギーニ社のCEOに復帰したことで、止まっていたLMDhプログラムの見通しがここ数カ月の間にふたたび立ってきた。

 ランボルギーニ・モータースポーツの責任者であるジョルジオ・サンナによれば、WEC世界耐久選手権のル・マン・ハイパーカー(LMH)クラスと相互参戦が可能になるLMDhのプログラムは、ランボルギーニがスポーツカーレースでの活動を拡大するためにしなければならない「唯一の機会」であると考えられている。

「現在の状況は、私たちがつねにLMDhのシナリオに取り組んでいるということだ」とSportscar365に語ったサンナ。

「最近、トップマネジメントが変更されたため、この機会に技術的およびビジネスケースの側面から、引き続き取り組みを行っている」

「私たちは、LMDhがFIA-GT3を乗り越えるために最良、そしておそらく唯一の機会であると考えているんだ。すぐに決断できることを願っている」

2023年にLMDhでプロトタイプレースに復帰することを発表しているポルシェはVWグループ内で唯一、ワークス活動を行うとみられている。
2023年にLMDhでプロトタイプレースに復帰することを発表しているポルシェはVWグループ内で唯一、ワークス活動を行うとみられている。

 LMDhに参入するというメーカーのシナリオは前進していなかったが、ランボルギーニは当初から公認団体との間でプラットフォームの定義を固めていく上で積極的な役割を果たしてきた、とサンナは強調した。

 IMSAのジョン・ドゥーナン代表はワーキンググループ会議に15~17社ものメーカーが参加していることを確認した、とさまざまな時点で述べている。

 サンナは「私たちはスタート時点からテクニカル・ワーキンググループのミーティングに参加しており、現在もこのグループの一員であり続けている」と語った。

「それは、私たちがこのカテゴリーの品質と成功を強く信じているという単純な理由からだ。もちろん、我々がそうしているのは、遅かれ早かれランボルギーニがこのカテゴリーに加わることを望んでいるからに他ならない」

 仮にランボルギーニが参加した場合、イタリアのメーカーは同じフォルクスワーゲン・グループのアウディとポルシェとともにLMDhカーを提供することになる。これについてサンナはランボルギーニの決定には影響しないという。

 まだ確定はしていないものの、フォルクスワーゲングループの中で完全なワークスプログラムを備えたプログラムを持っているのはポルシェだけだと信じられており、アウディはセミワークス、またはカスタマーチームを支援する現在のGT3方式に近いルートをとると考えられている。

「この新しいカテゴリーについて、ポルシェ側とアウディ側からのコミットメントがすでにあるわけではない」とサンナ。

「これはグループがつねにモータースポーツと技術開発の新しい機会に関心を持って見ていることを意味する。したがって、我々は社内で決定を下すが、つねにフォルクスワーゲングループとあらゆる種類の戦略を共有している。だから、私たちもそれを同様に見ているんだ」

「ランボルギーニの経営陣からすれば、もちろんそれは非常に重要だ。しかし、この種の戦略をグループと共有することはさらに重要なんだ」

■目標は2024年、カスタマー専用プログラムとして検討

 サンナは、もしLMDhプラグラムにゴーサインが出ればGT3やワンメイクシリーズのスーパートロフェオシリーズと同様に、カスタマープログラムとして実行されることを強調した。

「ランボルギーニはカスタマーレースに焦点を当てている」と同氏。

「私たちはトップクラスのコミットメントに関心を抱いている顧客やドライバーの独占的なポートフォリオを持っている。我々は新しい、そして可能性のある未来の顧客を大切にしなければならない」

「我々はLMDhがカテゴリーの基本であり、カテゴリーの原則であり、カスタマーレーシングの方法でトップカテゴリーにアプローチするのに適したものであると考えている」

 一方サンナは、IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権とWECが相互参戦を可能にする年のシーズンに準備を整えることは、現状では高いハードルであることを認めた。

「万が一にも2023年に準備が整うとは思わない。だが、私たちにとってLMDhは良いステップだと思う」と彼は述べた。

「だから、そうなった場合には、いつものように自分自身とチームが良い結果を出せるよう必要な時間をかけて準備をしていく」

「ランボルギーニは2023年に60周年を迎える。したがって、トップクラスに登るまで60年待ったのであれば、61歳まで待つこともできるんだ」