メルセデス・ベンツ『GLCクーペ』に艶消しグレーの限定車“マグノ・ナイト・エディション”登場

 クーペとしてのスタイリッシュなフォルムと、SUVらしい存在感を両立させた新ジャンルのSUVクーペ、メルセデス・ベンツ『GLCクーペ』に、艶消しグレーのボディ随所にブラックのアクセントを入れたスポーティな内外装と、人気オプションを標準装備化した特別仕様車『GLC 220 d 4MATIC Coupe Magno Night Edition(マグノ・ナイト・エディション)』が登場。4月19日より発売開始となっている。

 現行『GLCクーペ』は、ブランドの主力モデルに君臨する『Cクラス』と同様の安全性や快適性を備えつつ、車名に“GL”の名を冠したプレミアムミドルサイズSUV『GLC』と同等の走行性能と利便性を実現した。2019年10月には内外装デザインを一新するモデルチェンジも受け、対話型インフォテインメントシステム“MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザーエクスペリエンス)”を実装するなど、より魅力的なモデルへと生まれ変わっている。

 そんな最新の安全運転支援システムを標準装備する『GLCクーペ』に、通常モデルでは選ぶことができない、特別仕様車専用外装色の“セレナイトグレーマグノ(艶消しグレー)”を設定した今回のモデルは、AMGスタイリングパッケージをベースに、通常はシルバーのフロントグリル、フロントスポイラー、ウインドウモール、リヤバンパー、ルーフレール等にブラックのアクセントを施した特別仕様車専用のナイトパッケージを採用。さらに、ハイグロスブラックペイントの20インチAMG 5ツインスポークアルミホイールを装着するなど、よりスポーティなエクステリアに仕立てられた。

 また片側84個のLEDを備え、マルチパーパスカメラとコントロールユニットが理想的な配光パターンを“毎秒100回”の頻度で解析することで、きめ細かく高精度な配光を実現するマルチビームLEDヘッドライトを標準装備し、夜間走行におけるドライバーの負担も軽減している。

 一方のインテリアも本革ブラックのシートを特別装備し、トリムにはブラックアッシュウッドを採用してブラックとシルバーで統一された落ち着いた室内空間を演出。

 また、速度計やタコメーター、アシスタンスシステムの作動状況にナビゲーションの案内など、ドライビングに必要な情報をカラー表示する12.3インチのコックピットディスプレイや、身体と座面の間にこもった熱や湿気をシートに内蔵された複数のファンが除去、暑い季節の快適性を高める前席シートベンチレーションも装備する。

 足回りには“AIR BODY CONTROLサスペンション”を採用し、エアスプリングと電子制御ダンパーの緻密なコントロールにより快適な乗り心地を提供。また前席カップホルダーカバーには“Magno Night Edition”のバッジもあしらい、より特別感を演出する『GLC 220 d 4MATIC Coupe Magno Night Edition』は、全車右ハンドル仕様の100台限定導入で、価格は891万円(税込)となっている。

通常モデルでは選ぶことが出来ない、特別仕様車専用外装色の“セレナイトグレーマグノ(艶消しグレー)”を採用
通常モデルでは選ぶことが出来ない、特別仕様車専用外装色の“セレナイトグレーマグノ(艶消しグレー)”を採用
12.3インチのコックピットディスプレイに、身体と座面の間にこもった熱や湿気をシートに内蔵された複数のファンが除去し、暑い季節の快適性を高める前席シートベンチレーションも装備
12.3インチのコックピットディスプレイに、身体と座面の間にこもった熱や湿気をシートに内蔵された複数のファンが除去し、暑い季節の快適性を高める前席シートベンチレーションも装備

メルセデスコール:0120-190-610
メルセデス・ベンツ日本ウェブサイト:http://www.mercedes-benz.co.jp