アウディが提案するEV時代の高級セダン! 次世代A6はポルシェと共同開発したプラットフォームを採用 【動画】

アウディが提案するEV時代の高級セダン! 次世代A6はポルシェと共同開発したプラットフォームを採用 【動画】

Audi A6 e-tron concept

アウディ A6 e-tron コンセプト

A6/A7相当のボディサイズをもつピュアEV

アウディは、上海モーターショーでコンセプトカー「A6 e-tron コンセプト(A6 e-tron concept)」を発表した。来たる電気自動車時代を見据えた、次世代ラグジュアリーセダンのアウディ流解釈といえる。

A6 e-tron コンセプトは、次世代の電気自動車専用プラットフォーム「プレミアム プラットフォーム エレクトリック(PPE)」をベースにした、A6/A7シリーズ相当のボディサイズをもつピュアEV。前後アクスル間に容量約100kWhのバッテリーを搭載し、700km以上の航続距離を標榜する。

アウディが上海モーターショーで発表したコンセプトカー「A6 e-tron コンセプト」。フロントビュー

伝統の「クワトロ」も継承する電気自動車

全長4.96m、全幅1.96m、全高1.44mのA6 e-tron コンセプトは、アウディが「スポーツバック」と呼ぶクーペ風のルーフラインを持つ。各部が融け合うように繋がる有機的で塊感あふれるボディには、限りなく小さな電子サイドミラーや緻密なエアロパーツを組み合わせ、Cd値0.22という優れた空力性能を実現している。

「ヘリオシルバー(Heliosilver。helio-は太陽の、を意味する接頭辞)」という新開発のボディカラーには、太陽光の反射割合を高めて断熱効果をもたらす機能的ペイントを採用。エアコンの使用頻度を低減することで、省エネ効果アップに寄与する。

リヤアクスルのみにモーターを搭載する後輪駆動タイプと、前後に1基ずつ搭載する4輪駆動「クワトロ」タイプの2種類を用意。後者は最高出力350kW/最大トルク800Nmを発生し、停止状態からわずか4秒で100km/hに到達するという。サスペンション形式はフロントが5リンク、リヤがマルチリンクとし、上位モデルには減衰力をアクティブに可変させるダンパーとエアサスペンションを装着する。

アウディが上海モーターショーで発表したコンセプトカー「A6 e-tron コンセプト」。ライトテクノロジー

“壁でゲーム遊び”も可能なハイテクライト技術

常に先進的なライトテクノロジーを生み出してきたアウディらしく、A6 e-tron コンセプトも独創的な照明ユニットを各部に搭載。OLEDテクノロジーを採用するヘッドライト及びテールライトは、オーナーの好みに合わせてシグネチャーのカスタマイズが可能となった。また、高解像度を誇るヘッドライトには動画の投影機能も採用しており、目の前の壁でビデオゲームを楽しむこともできる。この高度なテクノロジーをアピールするため、アウディのデザイナーは本コンセプトカー専用のゲームも考案・開発したという。

ボディの各部には小型の高解像度LEDプロジェクターをそこかしこに設置。地面に母国語の挨拶を投影するといったギミックはもちろん、警告マークやターンシグナルなどを地面に表示するという安全装備的な役割も果たす。

アウディが上海モーターショーで発表したコンセプトカー「A6 e-tron コンセプト」。サイドビュー

最初のPPEモデルは2022年後半に登場予定

A6 e-tron コンセプトのベースとなるモジュラーシステム「PPE」は、ポルシェと共同で開発した注目の技術プラットフォーム。バッテリーのサイズやホイールベースはフレキシブルに変更可能で、2022年後半からは大型セグメントで、その後はミッドサイズセグメントにも展開していく。

800ボルトの充電テクノロジーに対応しているのもPPEモデルの特徴。最大270kWでの充電を可能とし、10分もあれば300km超分のチャージが完了する。

アウディが上海モーターショーで発表したコンセプトカー「A6 e-tron コンセプト」。リヤビュー

PPEモデルはグローバル戦略プラットフォームとして、すべての主要市場で展開予定だ。車両の生産拠点はヨーロッパ及び最大の単一市場である中国。アウディは2025年までに長春の新工場でのPPEモデル生産を開始する、と明らかにしている。