「非常に愚かなミス」クラッシュ喫した角田裕毅にレッドブルF1首脳が苦言

 レッドブルのモータースポーツコンサルタント、ヘルムート・マルコは、2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP後、アルファタウリ・ホンダの角田裕毅の週末を振り返り、予選のクラッシュは「愚かなミス」だったと苦言を呈した。

 アルファタウリ・ホンダは週末を通して速さを発揮しており、ピエール・ガスリーは予選5番手を獲得した。しかし角田はQ1の最初のラップでクラッシュし、マシンを壊してしまい、タイムを記録することができなかった。ウエットからドライへと変化するコンディションとなった決勝を、グリッド最後尾からスタートした角田は、一時は入賞圏内に浮上したが、スピンを喫して後退、トラックリミット違反によるタイムペナルティも受け、最終結果は12位にとどまった。

2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)が決勝でコースオフ

「裕毅は速いマシンに乗っていた。間違いなくQ3に進める力を持ったマシンだったと思う」とマルコがオーストリアの『ServusTV』においてコメントしたと『Speedweek』が伝えている。

「非常に愚かなミスだった。レース後に話をした時、彼は心から悔いていた」

 予選で角田はクラッシュの前に速いペースでラップを走行していた。しかしマルコは、Q1では目立って速いタイムを記録することより着実にQ2に進むことが重要だったと指摘している。

「裕毅は最初のラップで強力なセクタータイムを記録していた。だが予選1周目で素晴らしいタイムを出すことに意味はない」
「彼は気負ってしまったのだ」

2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP ヘルムート・マルコ(レッドブル)、山本雅史と田辺豊治(ホンダF1)
2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP ヘルムート・マルコ(レッドブル)、山本雅史と田辺豊治(ホンダF1)

 角田はミスをしたことをチームに謝罪し、F1における2戦目で得た経験から学習し、改善を図っていくと述べている。

「2日続けてミスを犯すなんて、全く受け入れられないことです」と角田。
「今回はここから学習し、今後に向けて改善していきます」

角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)