FIAレースディレクター、ローリングスタートでのレース再開は路面状況を考慮しての判断だったと説明/F1第2戦

 2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGPの決勝レースにおいて、赤旗中断後にローリングスタートでレースが再開されたが、FIAのレースディレクターを務めるマイケル・マシは、この判断に間違いはなかったと考えている。

 エミリア・ロマーニャGPの後半、バルテリ・ボッタス(メルセデス)とジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)のインシデントで発生したデブリの除去のために赤旗が出された。その後ローリングスタートを決定したレースディレクターの判断について、ほとんどのドライバーやチームが納得していなかった。彼らは再度スタンディングスタートが行われると予想しており、誰もがすでにスリックタイヤを履いており、コースの大半はドライコンディションになっていたのだ。

 アストンマーティンのセバスチャン・ベッテルは、早めにスリックタイヤに変えたことが裏目に出たため、順位をかなり上げていく必要に見舞われたドライバーのひとりだった。ベッテルは「予想していなかったローリングスタートが行われた」とレース後に説明しているが、それが彼の戦略を左右してしまった。ベッテルはソフトタイヤでレースのリスタートに向かい、順位をいくつか取り戻そうとしていたが、スタンディングスタートは行われなかったのだ。

「ミディアムタイヤを履いている他のドライバーよりもソフトタイヤを履いていた僕たちはデグラデーションがひどかった。僕たちは、行われたようなローリングスタートではなく、通常のスタートが行われると思っていたからね」(ベッテル)

セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)
2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)

 レースディレクターのマイケル・マシは次のように説明した。

「それは紛う方ない裁量による手順だった。言うまでもなく一時中断後には、我々が以前行ったスタンディングスタートか、ローリングスタートのどちらかを行うことができる。状況を検討すると、特にターン2へのアプローチの左側、左の端の方がかなり湿っていたので、我々はローリングスタートを行うことを決定した」

 マシンがすでにセーフティカーの後ろを走行しており、タイヤ選択も行われていたところでローリングスタートの実施が決まった事実は、ドライバーとチームを当惑させた。しかしマシは、彼の判断を支持するレギュレーションの文言を示した。

「通常、マシンが一旦ピットレーンを離れれば、我々はスタンディングスタートもローリングスタートも行うことができる。今回、我々はマシンがターン7のあたりを走行中に決定事項を通知した。セーフティカーの表示が消え、ローリングスタートのサインがスクリーンに出たが、これはレギュレーションで規定されている手順だ」

 金曜日の2回のフリー走行後にはターン9と13のトラックリミットの規制方法が変更されたが、日曜日のマシの判断はドライバーたちを混乱させた。マシはポルティマオでの第3戦ポルトガルGP前日に行われる次のミーティングで、ふたたびチーム代表とドライバーに対し釈明しなければならないだろう。