ベッテル「うまくいかない1日。ペナルティですべてのプランが台無しに」:アストンマーティン F1第2戦決勝

 2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGPの決勝レースが行われ、アストンマーティンのセバスチャン・ベッテルは15位でレースを終えた。ベッテルはレース終盤にギヤボックスのトラブルに見舞われ、61周で完走扱いとなっている。

■アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム
セバスチャン・ベッテル 決勝=15位(DNF)
 何かとうまく行かない1日だった。まずレースが始まる前から、グリッドへ向かう途中でトラブルがあり、ピットレーンからのスタートを強いられた。レースはウエットでのスタートだったので、そのこと自体はあまり大きな痛手ではなかった。ただ、その後に科された10秒のペナルティで、すべてのプランが台無しになった。通知があった時には、もう走り始めて20分も経っていたからね。

 最初のうちはひどく厄介な路面コンディションで、オーバーテイクはとても難しかったけど、まもなく乾いたラインができ始めた。やがて路面はどんどん乾いてきたので、早めにドライタイヤに交換するというギャンブルに出た。実際、レースのある部分では、全体のなかでもかなり速かったんだ。ところが、そこで赤旗が出てレースは中断された。そのこと自体は正しい判断だったと思うけどね。

 そして、再スタートではスタンディングスタートになる方に賭けて、ソフトタイヤを履いたのに、レースコントロールが選択したのはローリングスタートだった……。ミディアムと比べると、当然のことながらソフトはデグラデーションが大きくて、終盤にかけて状況は一段と厳しいものになった。

セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)
2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)