「高い技術力であらゆる車種に対応」海外からも注目を集めるOS技研のメタルクラッチ!

「高い技術力であらゆる車種に対応」海外からも注目を集めるOS技研のメタルクラッチ!

往年のスーパーカー用クラッチが海外でも話題に

純正以上の耐久性と扱いやすさを誇るOS技研製クラッチ!

クラシックスーパーカーには重たいクラッチが付き物ではあるが、やはりストップ&ゴーが多い日本の道路事情を前提とするならばネガな部分として感じられる場面が多い。

そんなスーパーカーのクラッチに悩む販売店から、OS技研の創業者である岡﨑正治氏の元に「純正よりもミートが楽で、ライフも長いクラッチを作ってほしい」という要望が届いた。

純正品を見た岡﨑は、容量的には自社製クラッチで全く問題ないことを知る。「作ったれぇや」。岡﨑の一声で開発が本格スタート。特許技術“フローティング・プレッシャー・システム”を投入し、スーパーカー用の“GTシリーズ”としてテストを重ねた結果、少ない踏力で操作が可能な強化クラッチの製品化に成功したのだ。

ちなみに、岡﨑は発売後に気付いたそうだが、OS技研のスーパーカー用クラッチは、純正品よりも安い価格設定になっていたという。「スーパーカーだからといって特別扱いしない」。そんなOS技研のマインドが強く感じられる一面だ。

現在ラインナップは、フェラーリ308/328やテスタロッサ、ランボルギーニカウンタックやディアブロ、空冷ポルシェなどまで広がっているが、近年は海外からの相談も増えてきているそうだ。純正品の廃盤に泣かされているクラシックカーオーナーは、一度OS技研に問い合わせてみてはいかがだろうか。

●取材協力:OS技研 岡山県岡山市中区沖元464 TEL:086-277-6609