コンパクトEVトラック「日野デュトロ Z EV」を2022年初夏に発売へ。使い勝手も大幅に向上

■普通免許で運転できるサイズで、航続距離は100km

2021年4月15日、日野自動車は全長約4.7×全幅約1.7×全高約2.3mというコンパクトなEVトラックを開発し、2022年初夏に「日野デュトロ Z(ズィー) EV」の車名で市場導入する予定と明らかにしました。

日野デュトロ Z EV
「日野デュトロ Z(ズィー) EV」のエクステリア

商用車にもEV(電動化)の流れが及んでいて、カーボンニュートラルに向けた世界的な流れから、物流事業者のニーズの高まりに対応するモデルになります。

同時にドライバー不足が深刻化している中、Eコマースの高まりから小口配送も増えています。こうした状況に対応し、荷物を生活者に届ける「物流のラストワンマイル」にも対応するモデルと位置づけています。

日野デュトロ Z EV
超低床、前輪駆動を採用する

「日野デュトロ Z(ズィー) EV」は現場の課題をとらえ、ドライバーの困りごとを解決する「超低床・前輪駆動」のEVとして開発。従来の後輪駆動車と比べて床面地上高が半分の約400mmという超低床構造を実現し、荷役作業性や乗降性を大幅に向上させたそうです。

さらに、ウォークスルー構造で宅配現場での使い勝手の良さも追求されています。

気になる航続距離は宅配用途に必要な100km以上を目指しているそう。40 kWhのリチウムイオンバッテリーが搭載され、普通充電と急速充電(CHAdeMO方式)に対応。また、ウォークスルーバンに加えて、用途に応じた荷台を架装できるキャブシャシー型も設定され、ビジネス形態に合わせた架装を選択できます。

さらに、現行の日野デュトロよりもひと回り小さいサイズ感とすることで、住宅街を走行しやすいことはもちろん、普通免許で運転が可能で、ドライバー人材確保にも貢献。

日野デュトロ Z EV
ウォークスルーのしやすさと低床設計が特徴

コンパクトな車体ながら必要な荷室容積が確保されています。活躍するシーンとしては主に市街地での宅配が想定されていて、さらに店舗内、倉庫内、空港などの大規模施設内での用途や、夜間、早朝の稼動など、場所と時間を選ばない幅広い活用が期待できます。

小型EVトラックは、一部で中国メーカーが日本に参入するという報道もあり、今後さらに競争が激化する分野になりそうです。

塚田勝弘