“レッドブル・レーシング・ホンダ”としての初勝利を達成「今年のマシンは戦えると実感」と山本MD/F1第2戦

 2021年F1エミリア・ロマーニャGP決勝で、レッドブル・レーシング・ホンダのマックス・フェルスタッペンは優勝、セルジオ・ペレスは11位だった。スクーデリア・アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は12位、ピエール・ガスリーは7位で入賞を果たした。

 レース前に雨が降り、ウエットから次第にドライにコンディションが変化するなかで決勝が行われた。ホンダ勢はフェルスタッペン、ペレス、角田がインターミディエイトタイヤ、ガスリーはウエットタイヤでスタートした。

 フェルスタッペンは3番グリッドからスタート直後にトップに躍り出て、レースをリード、27周目にミディアムタイヤに交換、赤旗後から最後までもミディアムタイヤで走り、首位を維持して今季初優勝を飾った。この勝利はホンダにとっては79勝目にあたり、イモラでホンダエンジン搭載車が優勝するのは1991年のアイルトン・セナ以来のことだ。

2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が優勝
2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が優勝

 5番グリッドスタートのガスリーはウエットタイヤで苦しみ、17番手まで落ちた14周目にインターミディエイトに交換。26周目にミディアムを履いて、終盤に順位を上げていき、8位でフィニッシュした。レース後、他車にペナルティが出たことで、ガスリーは7位に繰り上がった。

2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)とランス・ストロール(アストンマーティン)のバトル
2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)とランス・ストロール(アストンマーティン)のバトル

 ペレスは2番グリッドスタートだったが、1周目にポジションダウン。序盤のセーフティカー出動時にターン9でコースアウトして後退した後、コース復帰後に順位を取り戻した。しかしセーフティカー先導時にオーバーテイクしたことで、10秒のタイムペナルティとペナルティポイント2を科されることに。28周目からミディアム、33周目からソフトで走行。赤旗後に再びスピンして大きく後退し、12位まで挽回したところでチェッカーとなった。レース後、他車が降格されたことで、正式結果は11位となったが、入賞には至らなかった。

2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)

 角田は 予選Q1でクラッシュしてノータイムとなり、最後尾グリッドからのスタートに。ギヤボックス、パワーユニット(PU/エンジン)のエナジーストアとコントロールエレクトロニクスを交換したことでペナルティを受けたが、最後尾グリッドのため影響はなかった。

 ウエットコンディションのなかでインターミディエイトタイヤでスタートし、25周目にミディアムに交換、赤旗中断後のリスタートの32周目から最後までをソフトタイヤで走った。リスタートでは10番手に位置していたが、スピンオフして15番手に後退。その後、追い上げを目指すなかで、トラックリミット違反を繰り返し、黒白旗を振られた後、5秒のタイムペナルティとペナルティポイント1を科された。これにより角田は13位となったが、他車のペナルティにより12位に繰り上がった。

2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)

■「全員が着実な仕事をしたことで得られた勝利」と田辺TD

■ホンダF1テクニカルディレクター 田辺豊治
 今日のエミリア・ロマーニャGPでレッドブル・レーシング・ホンダのフェルスタッペン選手が、今シーズン初優勝を果たしました。

 スタート前に降り出した雨の影響により、非常に難しい路面コンディションの中でアクシデントが多発し、赤旗中断などがあるトリッキーなレース展開でしたが、ドライバー、チーム、そしてホンダのメンバーそれぞれが着実な仕事をしたことで得られた勝利です。

 懸命な開発によって競争力のあるPUを送り込んでくれたHRD-SakuraとHRD-UKのメンバー、そして素晴らしい車体を開発してきたレッドブル・レーシングに感謝の言葉を贈ります。

 5番手スタートのスクーデリア・アルファタウリ・ホンダのガスリー選手は、序盤のウエットタイヤでの走行で一時は大きくポジションを落としましたが、粘り強い走りで巻き返しを見せ、7位入賞を獲得してくれました。レッドブル・レーシングのペレス選手、スクーデリア・アルファタウリの角田選手も、ともにいい走りを見せていましたが、残念なことに濡れた路面でスピンを喫し、完走を果たしたもののポイント圏外に終わりました。

 まだ2戦を終えたところですが、いい戦いができていることをうれしく思っています。ここからも長いシーズンが続きますが、一戦一戦を大事に全力で前進を続けていきます。

2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP決勝 マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とルイス・ハミルトン(メルセデス)のバトル
2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP決勝 マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とルイス・ハミルトン(メルセデス)のバトル

■ホンダF1マネージングディレクター 山本雅史
 今シーズンは序盤戦が非常に大事だと思って臨んでいますが、この2戦目でフェルスタッペン選手が初勝利を挙げてくれたことを本当に嬉しく思っています。今日の表彰台でレッドブル・レーシング・ホンダという名前を聞いたときには、グッとくるものがありました。

 レース前に突然雨が降るという難しいコンディションの中で、フェルスタッペン選手の雨の中の走らせ方、うまさが光り、本当にいいレースをしてくれました。また、我々のマシンが十分に戦えることがよく分かったレースでもあるので、改めてここからも一戦一戦大事に戦わなくてはいけないと感じています。

 バーレーンの開幕戦ではハミルトン選手が優勝し、フェルスタッペン選手が2位でしたが、今日はその逆の結果になりました。この先も同じような戦いが続いていくのではないかと思っていますが、今日は改めて王者ハミルトン選手の速さが光ったレースでもあり、この先も楽なレースになるとは全く思っていません。我々にはあと21戦が残されているのみですが、ここからも一戦ずつしっかりと戦いきることが、最終的な結果につながると思っていますので、それを信じて全力でレースに挑んでいきます。

 今日も含め、ここまで応援を続けてくれているファンの皆さんに改めて感謝を申し上げます。そして、これからも一緒に喜びを分かち合えればと思っていますので、引き続きのご声援をよろしくお願いいたします。

2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)優勝でチームが記念撮影
2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)優勝でチームが記念撮影