F1マイアミGPが2022年に開催へ。10年契約が正式発表

 F1は、2022年カレンダーにマイアミ・グランプリが加わることを正式に発表した。フロリダに新しいサーキットが作られる計画だ。

 リバティ・メディアは、アメリカでの第二のグランプリとして、マイアミでレースを開催するという計画に取り組んできたが、地元住民からの反対により、実現が遅れていた。最も新しいプランはマイアミガーデンズ市のハードロックスタジアム周辺で開催するというもので、先週、住民からの同意を得るため、新たな提案が行われ、それが議会で承認された。

F1がマイアミGP開催を予定するハードロックスタジアム

 これを受ける形で、4月18日、F1は10年にわたる同地でのグランプリ開催契約を結び、第1回は2022年に行われる予定であることを明らかにした。

 ハードロックスタジアムに新たに作られるサーキットは全長5.41kmの19のコーナーを持つレイアウトで、トップスピードは320 km/hとの推定値が示されている。

 アメリカではこれまで10カ所でF1が開催されてきた。マイアミは、インディアナポリス、セブリング、リバーサイド、ワトキンスグレン、ロングビーチ、ラスベガス、デトロイト、ダラス、フェニックス、そして現在カレンダーに含まれているサーキット・オブ・アメリカズに続く11カ所目ということになる。