レッドブル・ホンダ密着:ポール獲得可能な速さは健在。ペレスは自己最高グリッドも、フェルスタッペンは自身にショック

 開幕戦バーレーンGPに続いて2戦連続のポールポジション獲得はならなかったが、第2戦エミリア・ロマーニャGPでも、レッドブル・ホンダは力強い予選を披露した。そのことは、今年加入したセルジオ・ペレスがフロントロウを獲得したことでもわかる。

「最後のアタックで小さなミスを犯してしまったとはいえ、今日の予選2位は本当に素晴らしい結果だと思う。前回の開幕戦はピットレーンからのスタートになってしまったので、レッドブル・ホンダで正式なグリッドからスタートできる初めてのレースがフロントロウというのは良い気分だね」

 ペレスがF1デビューしたは2011年は、小林可夢偉のチームメートだったこともあり、よく取材していたが、レースでのタイヤマネージメントに定評がある一方で、予選ではなかなか一発の速さを披露できないという弱点があった。そのため、表彰台を10回獲得しているわりに、予選でトップ3に入るのは2016年のヨーロッパGP(バクー/2番手)と2020年のトルコGP(3番手)の2回だけと少ない。

 自己最高位となる予選2番手を獲得した2016年のヨーロッパGPも、土曜日のフリー走行でクラッシュしてギヤボックスを交換していたため、レースは7番手からスタートしていた。つまり、今回のフロントロウスタートは、F1生活11年目にして初めてのことだった。

セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)&ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP 予選2番手のセルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)とポールポジションを獲得したルイス・ハミルトン(メルセデス)

 それだけに、レッドブル・ホンダとしてはマックス・フェルスタッペンがポールポジションを逃したことは、残念でならないだろう。

 フェルスタッペンがQ3で3番手を記録した1分14秒498は、決してベストなラップではなかったからだ。セクター1の23.798秒はQ2で記録した23.730秒より、若干遅かった。セクター2の25.617秒は全体で最速だったものの、セクター3の25.083秒はQ3の1回目で記録した24.965秒よりも遅かった。

 ルイス・ハミルトン(メルセデス)も、ポールポジションを獲得したQ3の最後のアタックはセクター3以外は自己ベストではなかった。それでも、フェルスタッペンが自己ベストを繋げていけば1分14秒312を叩き出していたことになり、ハミルトンの自己ベストをつないだ1分14秒328を上回ってポールポジションを獲得していたのである。

 つまり、今日のフェルスタッペンはポールポジションを獲る速さがありながら、それを獲り逃がしてしまったわけである。その理由をフェルスタッペンはこう説明した。

「Q3の1回目のアタックは、セクター1でほかのマシンの影響を受けてうまくいかなかったので、最後のアタックではセクター1で大きくタイムを上げられると思い、少しプッシュしたんだけど、ターン3の出口で膨らんでしまい、少し芝生にはみ出してしまった。完璧から程遠いアタックをしてしまったのは久しぶりで、自分にショックを受けている」

 1994年の大事故の後、コースが改修されたイモラは、オーバーテイクが難しいサーキットとなった。それでも、チャンスはまだある。ひとつはスタート。もうひとつはピットストップ戦略。さらに日曜日のイモラは雨が降る可能性もある。

 バーレーンで逃した勝利を、イモラで奪い返してほしい。

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)、セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)、ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP 左からマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)、セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)、ルイス・ハミルトン(メルセデス)