ホンダF1田辺TD予選後会見:僅差でポールに届かずも「ペレスの加入でチーム力の底上げを実感」角田はPUを交換へ

 今週末の第2戦エミリア・ロマーニャGPの予選は、ホンダ勢4台にとって悲喜こもごもの結果となった。レッドブルは2戦連続のポールポジションは逃したものの、2、3番グリッド。しかも新加入のセルジオ・ペレスが、キャリア初のフロントロー獲得を果たした。アルファタウリはピエール・ガスリーが開幕戦からの好調を維持して、今回も5番手につけた。しかし角田裕毅はQ1のアタック中にスピン、マシンを大破させるほどのクラッシュを喫した上に、レースは最後尾グリッドからのスタートとなった。

 そんなルーキーの洗礼を受けた角田の事故について「やっちゃった、という感じですね」と語るホンダF1の田辺豊治テクニカルディレクターだったが、同時に「こういう場合、変な負のループに入ってしまう恐れもありますが、角田くんの場合それはないでしょう。成長の糧にしてくれればと思います」と、期待を寄せていた。

────────────────────

──2戦連続ポールポジション獲得とはなりませんでした。

田辺豊治テクニカルディレクター(以下、田辺TD):ちょっと残念です。ただタイム差は非常に僅差ですし、2番手に新加入のペレス、3番手に(マックス)フェルスタッペンが入った。ふたりともQ3の最終アタックでクルマをまとめきれなかったということで、一方のルイス・ハミルトン(メルセデス)はさすがでしたね。マシン性能差は非常に拮抗してることを今回の予選で強く感じました。

 決勝レースはまた違った展開になると思いますが、車体、パワーユニット(PU)、ドライバー、チーム、各要素がきちっと機能して、戦えればと思います。

セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)&ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP 予選2番手のセルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)とポールポジションを獲得したルイス・ハミルトン(メルセデス)

──アルファタウリ・ホンダは、明暗が分かれました。

田辺TD:ガスリーは、いいラップを刻みましたね。タイム抹消などがあって不安定かなと思ったのですが、Q3でしっかりまとめてきた。逆に他の選手(ランド・ノリス/マクラーレン)のタイム抹消に助けられたりもしましたが、5番手。しかもポールからのタイム差も非常に少ないという、いい結果でした。

 一方の角田はQ1アタック中に後ろからぶつかってしまった。残念ですが、クルマ自体はいい仕上がりを見せていました。オーバーテイクの難しいサーキットですが、ポジションを上げてくれればと思います。昨年は予選は良かったのですが、レースはいろいろあって完走は(ダニール)クビアト1台だけでした。今回は4台完走を目指したいです。

──レッドブル・ホンダは今回も、メルセデスとの一騎打ちになりますか?

田辺TD:向こうはバルテリ・ボッタスがやや沈んでいるのに対して、こちらは2台が2、3番グリッドの位置にいる。しかもペレスがソフト、フェルスタッペンがミディアムタイヤと、違う戦略を取れる。ペレスの加入で、チーム力は確実に底上げされていることを感じます。

──角田選手のクラッシュで、PUやギアボックスへのダメージはありましたか?

田辺TD:マシン後部が大破していますから、PUはそっくり交換します。ギヤボックスもバラバラでしたので、交換すると思います。現在ダメージ状況を把握中ですが、これから交換作業に入ります。
──ダメージの度合いは今後詳しく解析すると思いますが、目視した限りで明らかに使えない状態だとか、わかっていることはありますか。

田辺TD:これから詳しく調べますが、具体的に何が起こったかはそのうちみなさんもわかると思います。

角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP 予選Q1でクラッシュした角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)のマシン

──予選後、角田選手と話す機会はありましたか。

田辺TD:残念ながら、顔は合わせていません。

──田辺さんの個人的な感想でけっこうですが、あの事故はルーキーらしいミスだったのでしょうか?

田辺TD:そうですね。本人もプッシュしすぎたと公式コメントで言っていますが、そこまでの区間タイムはかなりいいペースで来ていた。やっちゃった、という感じでしょうね。ただそういう経験をして、そこから学んでさらに成長してくれればと思います。こういう場合、変な負のループに入ってしまう恐れもありますが、角田くんの場合それはないでしょう。成長の糧にしてくれればと思います。

──イモラはアイルトン・セナが亡くなったサーキットで、ホンダとしても思い入れのある場所だと思います。田辺さんは今回も、セナ像まで行きましたか?

田辺TD:木曜日に会ってきました。去年やその前同様、挨拶をしてきました。第2期当時はここで何度もシーズン中テストをしたこともあって、サーキットに限らず非常に馴染みのある土地ですね。コロナ禍のレースで美味しいイタリア料理を堪能できないのは残念ですが、昔堪能した味は今も強く記憶に残ってます。セナの思い出も含めて、思い入れのある町ですね。

ルイス・ハミルトン(メルセデス)、セルジオ・ペレス(マックス・フェルスタッペン)、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP ポールポジションを獲得したルイス・ハミルトン(メルセデス)、予選2番手のセルジオ・ペレス(マックス・フェルスタッペン)、予選3番手のマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)