ホンダ3台が予選トップ5入り「それぞれに表彰台のチャンスあり。角田にはアグレッシブなレースを期待」と田辺TD/F1第2戦

 2021年F1エミリア・ロマーニャGPの土曜予選で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは3番手、セルジオ・ペレスは2番手だった。スクーデリア・アルファタウリ・ホンダの角田裕毅はノータイム、ピエール・ガスリーは5番手を獲得、ホンダのパワーユニット(PU/エンジン)搭載車がトップ5に3台入った。

 角田はQ1最初のアタックラップ中、ターン14~15のシケインでリヤが流れて後方からバリアに衝突。マシンは大破したが、幸いけがはなかった。予選ノータイムに終わった角田だが、プラクティスでの実績から、決勝スタートが認められ、最後方グリッドからスタートする予定となっている。

2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)が予選でクラッシュ
2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)が予選でクラッシュ

 ペレスはルイス・ハミルトン(メルセデス)のポールポジションタイムからわずか0.035秒差、フェルスタッペンは0.087秒差と、ともに最速タイムから0.1秒以内の差で2番手、3番手グリッドを確保した。ガスリーはメルセデス、レッドブル、フェラーリに続く5番グリッドからスタートする。

 決勝はフェルスタッペンがミディアムタイヤ、ペレスとガスリーはソフトタイヤでスタートすることが決まっている。

2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が予選2番手のセルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)を祝福
2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が予選2番手のセルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)を祝福

2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)

セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
FP3 4番手(1分15秒551/18周)
予選 2番手(Q1=1分15秒395:Q2=1分14秒716:Q3=1分14秒446)

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
FP3 1番手(1分14秒958/18周)
予選 3番手(Q1=1分15秒109:Q2=1分14秒884:Q3=1分14秒498)

ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
FP3 6番手(1分15秒890/22周)
予選 5番手(Q1=1分15秒548:Q2=1分14秒927:Q3=1分14秒790)

角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
FP3 11番手(1分16秒230/20周)
予選 ノータイム

■ホンダF1テクニカルディレクター 田辺豊治
 今日のエミリア・ロマーニャGPの予選はQ3に3台が進出、レッドブル・レーシング・ホンダのペレス選手がキャリア初のフロントロー2番手を獲得、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのガスリー選手が2戦連続の5番グリッドを獲得してくれました。

 フェルスタッペン選手はややまとめきれない部分があり、ペレス選手に続く3番手となりましたが、ペレス選手とともにポールタイムとは大きな差がない、非常に拮抗した予選を展開できました。トップ5に3台が入り、明日は3台それぞれに表彰台獲得のチャンスがあると思いますので、できるだけ上のポジションで終えられるよう、我々もレースに向けて最後の確認作業を続けます。

 角田選手については残念ながらQ1で最初のアタック時にクラッシュを喫してマシンが大破、明日は最後尾からのスタートになります。プラクティスでのマシンのパフォーマンスは悪くありませんでしたので、明日はアグレッシブな走りで、ポジションを上げてフィニッシュしてくれると思います。