日本限定5台のみ発売されたBMW M5 CS。公道とサーキットの両方を手中に収める強化型4座スポーツセダンの凄み

日本限定5台のみ発売されたBMW M5 CS。公道とサーキットの両方を手中に収める強化型4座スポーツセダンの凄み

BMW M5 CS

日本割り当て分はわずか5台

ビー・エム・ダブリューは2021年4月12日、5台限定の「BMW M5 CS」を日本国内で発売した。すでに世界限定1100台のみの特別仕様モデルで、日本割り当て分の5台は右ハンドル仕様となる。車両本体価格は2510万円、納車は2021年秋頃を予定している。

M5 CSは、M5 コンペティションをベースに、サーキット走行を見据えてBMW M社が専用チューンを施した特別な4シータースポーツセダン。635ps/750Nmを発生する4.4リッターV8ガソリンターボユニットを搭載し、「4シーター及び公道走行可能な認可モデル」としては、M5最強のコンペティションモデルである。

BMW M5 CSの正面ビュー

635ps/750Nmの4.4リッターV8ターボを搭載

M5 CSには、BMW M GmbHが製造する最もパワフルなエンジンを搭載。Mツインパワーターボ・テクノロジーを採用した4.4リッターV型8気筒エンジンは、6000rpmで最高出力635ps、1800~5950rpmで最大トルク750Nmを発揮する。8速Mステップトロニックトランスミッションを組み合わせ、0-100km/h加速は3秒ジャストを記録。

徹底的な軽量化も本モデルの特徴で、ベース車に比べておよそ70kgのダイエットを敢行。車高をさらに7mmローダウンしたのに加え、足まわりにはM8 グランクーペのために開発されたショックアブソーバーを採用した。

BMW M5 CSのサイドビュー

“FR”走行も可能な4WDシステムを搭載

さらに、駆動トルク配分を緻密に電子制御する4WDシステム「M xDrive」を採用。通常は後輪駆動を重視した可変式4輪駆動モードで走行し、後輪のみにトルクを配分する純粋な“FRモード”に切り替えることも可能。

サーキットでの過酷な使用にも耐えるよう、ブレーキはMカーボン セラミック仕様を全車に搭載。ベース車に標準装備するMコンパウンドブレーキより約23kg軽量なユニットの採用により、ばね下重量と回転質量をさらに低減している。

BMW M5 CSのリヤシート

ボンネットやエアロパーツはCFRP製

外観にも、ひと目見て「それ」と分かる差別化を図っている。キドニーグリルやバッジなどにはブロンズアクセントをあしらい、専用の4本出しテールパイプを採用。特徴的なイエロートーンの光を放つBMWレーザーライトも装備した。また、CFRP製のエンジンフード、ドアミラーキャップ、フロントスプリッター、リヤスポイラー、リヤディフューザーは、空力性能の向上とともにベース車比で約70kg分の軽量化に寄与している。

キャビンもやはり辛口な仕様で、フロントには専用のカーボン製バケットシートを装備。リヤにも特別な軽量2座独立シートを組み合わせている。また、アルカンターラ仕上げのステアリングホイールには、カーボン製のパドルシフトを装着した。

BMW M5 CSの俯瞰目リヤビュー

BMW M社が開発する「Mモデル」には2種類のカテゴリーが存在し、ひとつはサーキットでの走行を可能にしたMハイパフォーマンスモデル、もうひとつがサーキットで培った技術を注入したMパフォーマンスモデルとなる。今回の「M5 CS」は前者のMハイパフォーマンスモデルに位置づけられるもので、現在のMラインナップの中で最もパワフルなエンジンを搭載した「最強の現行M5」といえる。

【SPECIFICATIONS】

BMW M5 CS

ボディサイズ:全長5000 全幅1905 全高1475mm

ホイールベース:2980mm

車両重量:1840kg

エンジンタイプ:V型8気筒DOHCツインターボ

総排気量:4394cc

最高出力:467kW(635ps)/6000rpm

最大トルク:750Nm(76.5kgm)/1800-5950rpm

トランスミッション:8速AT

駆動方式:AWD

サスペンション:前ダブルウィッシュボーン 後マルチリンク

タイヤ:前275/35R20 後285/35R20

車両本体価格:2510万円

【問い合わせ】

BMW カスタマー・インタラクション・センター

TEL 0120-269-437