ヤマハ発動機、最大出力350kWクラスのハイパーEV向け電動モーターユニットを開発

ヤマハ発動機、最大出力350kWクラスのハイパーEV向け電動モーターユニットを開発

高出力帯のハイパーEV向け電動モーターの試作開発受託を開始

ヤマハ発動機は、ハイパーEVをはじめとする高出力帯のモビリティ向けに、業界最高クラスの出力密度を実現する電動モーターユニットを開発し、4月から試作開発受託を開始した。

同社は2020年から四輪車をはじめとしたモビリティ向けに35〜200kWの電動モーターの試作開発を受託しているが、新たにハイパーEVなどの高出力帯モビリティへの搭載を想定した、最大出力350kW、動作電圧800Vの電動モーターユニットを開発した。

ハイパーEVとは最高出力1000ps以上、中には2000psを超えるモデルも存在する電動自動車のスーパーカー。ハイパフォーマンスのスポーツカーだけでなく、ハマーなどのSUVも発表されている。

ヤマハ発動機ハイパーEV向けモーターユニット

要望に合わせて試作モーターを短期間で開発する

今回開発した電動モーターは、ギヤ、インバーターを一体化したコンパクトな設計で、機電一体型の電動モーターユニットとなる。1台の車両に複数のユニットを搭載する用途を想定し、モーター方式は永久磁石埋め込み型同期モーター(IPMSM)、最大出力は350kW、冷却方式は油冷となっている。

モーターサイクルを始め、幅広い製品に柔軟に対応してきた鋳造、加工、組み立てなどの生産技術と試作設備を活かし、要望に合わせた試作モーター開発を短期間で実現する。

この350kWクラスをはじめとした電動モーターユニットの試作品は、5月26日〜28日に開催される「人とくるまのテクノロジー展2021横浜」に出店予定。