話題のトヨタ・クラウン派生SUV「クラウン・クルーガー」上海モーターショーでワールドプレミアへ!

■「ハイランダーXSE」と酷似したデザイン、2.5リットルのハイブリッドモデルと予想

中国トヨタは、2021年4月19日から開催される上海モーターショーにて、「クラウン」のSUVバージョンを初公開!と発表すると同時に、その車名が「クルーガー」であることがわかりました。

トヨタ ハイランダー XSE_002
トヨタ ハイランダー XSE

初代クラウンは1955年に発売、長年、同ブランドのフラッグシップセダンとして君臨し、「いつかはクラウン」のキャッチコピーとともに、日本を代表するモデルへと成長してきました。今回は中国市場を睨み、人気SUVにクラウンの知名度を融合させた形です。

トヨタ ハイランダー XSE_003
トヨタ ハイランダー XSE

また「クルーガー」は、トヨタが日本市場で2000年から2007年まで発売していたモデル(海外では現在もハイランダーとして販売)で、14年振りにその車名が復活することになります。

情報によると、今回初公開される「クラウン クルーガー」は、「ハイランダーXSE」と酷似したデザインだといい、ハイブリッドモデルとなるようです。パワートレインは、2.5リットル内燃エンジンと、ハイブリッドでシステム合計の最高出力は192psを発揮すると予想されています。

中国市場では、クラウンセダンは2020年春をもって生産が終了しており、この「クラウン クルーガー」が実質後継モデルとなると思われます。一方、日本では昨年、次期クラウンはSUVスタイルになると報道されており、このクルーガーとの関連性が注目されます。

(APOLLO)