デビューから50周年。ランボルギーニ ミウラの最終完成形・SVが失った「まつ毛」の行方とは

デビューから50周年。ランボルギーニ ミウラの最終完成形・SVが失った「まつ毛」の行方とは

Lamborghini Miura SV

ランボルギーニ ミウラ SV

19713月のジュネーブ・モーターショーで発表

大成功を収めた「P400」プロジェクトの最終進化形であるランボルギーニ ミウラ SVは、19713月、ジュネーブ・モーターショーのカロッツェリア・ベルトーネのブースで正式に発表された。

この時、将来の生産に向けたコンセプトカーとしてカウンタック LP500も発表。ミウラ SVの「V」は「ヴェローチェ(veloce:超高速)を意味し、Sバージョンに付随するモデルとして構想された。しかしSVがマーケットで大成功を収めたことから、その後はSバージョンに取って代わることになった。

今やランボルギーニが発売してきたモデルの中で、最も高い人気を誇るミウラ SVは、当時の“スーパーカー ”というコンセプトを最高の形で表現した1台だと言えるだろう。ミウラとミウラ Sの生みの親であるジャンパオロ・ダラーラとパオロ・スタンツァーニは、それまでの5年に及ぶミウラの製造期間で得られた経験から、ミウラ SVが開発されたことを明かしている。

デビューから50周年を迎えた、ミウラの完成形「ランボルギーニ ミウラ SV」

 

V12の最高出力は385hpにまでパワーアップ

SVに搭載される3.9リッターV型12気筒ガソリンエンジンは、最高出力385hp/7850rpmにパワーアップし、さらにトルクの配分が改善されたことで(40.7kgm/5750rpm)、ドライバビリティが大幅に向上した。

ウェーバー製トリプルバレルキャブレター(タイプ40IDL3C)のセッティングも変更。エンジンとギヤボックス間に独立した潤滑システムが導入されたのはSVの生産時点から。この変更は外見上は変わらないものの、非常に重要な技術的改良となった。

ミウラ SVは従来のラインナップ(P400とP400 S)と比較すると、技術的にもスタイリング的にも大きく異なっていた。V12をリヤミッドに横置き搭載するというレイアウトは変わらないが、ミウラ SVでは、大幅に補強された高剛性のシャシー、130mm近いワイドトラック化、アンカーポイントとアームに改良が施されたリヤサスペンションが採用されている。

また、フロントとリヤのタイヤサイズも異なり、リヤホイールは7インチから9インチに拡大。ホイールデザインもよりスポーティなものに変更された。ミウラ SVのカスタマーの多くは、印象的なゴールド仕上げのリムをオーダーしている。

デビューから50周年を迎えた、ミウラの完成形「ランボルギーニ ミウラ SV」

 

フェルッチオのSVにのみ存在したアイラッシュ

大規模な技術的変更に合わせてミウラ SVのエクステリアはモディファイされ、その作業はオリジナルプロジェクトを担当したデザイナーのマルチェロ・ガンディーニが担当。拡大されたリヤフェンダー、異なるデザインのテールライト、新設されたラジエーター用エアインテークを備えたフロントボンネットなどが特徴となる。

そして外観上の最も重要な変更点が、ヘッドライト周辺に存在していた「アイラッシュ(まつ毛)」がなくなったことだろう。実はこの変更は技術的な理由があったわけではなく、生産効率の向上が目的だった。

アイラッシュの組み立てと完璧な仕上げが非常に複雑で時間のかかる作業だと理解していたフェルッチオは、ミウラの生産時間を短縮するためアイラッシュの廃止を決定した。ところが、彼自身が所有したミウラ SVには、ヘッドライト周辺アイラッシュを残すように要求したという。

デビューから50周年を迎えた、ミウラの完成形「ランボルギーニ ミウラ SV」

 

ウォルター・ウルフのために製造された最終仕様

SVのインテリアは、内装にレザーを多用したり、クロームメッキを施したりすることで、従来のモデルよりも美しい仕上げが特徴となり、よりモダンな雰囲気となった。ミウラ SVの公称最高速度は290km/hを超え、スタンディングスタートから1kmを24秒弱で走破。これは1970年代初頭としては記録的な性能である。

1973年、150台が生産された後にミウラ SVは生産を終了。しかしその2年後の1975年に、熱狂的なランボルギーニマニアであったウォルター・ウルフのため特別な最終モデルが製造された。このミウラ SVはサンタアガタ・ボロネーゼのランボルギーニ・ミュージアム「MUDETEC」に所蔵されている。