瀬戸中央自動車道・鴻ノ池SA(上り)は広々とした芝生のフィールドとアジリティでストレス発散できる【全国高速道路SAドッグラン探訪】

■ドッグランは店舗から離れているので駐車位置に要注意!

2匹のミニチュアダックスフンドと暮らすライターが足を運んで、日本全国にある高速道路のサービスエリア(SA)に併設しているドッグランを紹介します!

今回は瀬戸中央自動車道、鴻ノ池(こうのいけ)SA(上り)です。

鴻ノ池サービスエリア上り2
鴻ノ池サービスエリア上りの店舗。
鴻ノ池サービスエリア上り4
ドッグランのキャラクターはNEXCO西日本とは異なる。

鴻ノ池(こうのいけ)SA(上り)は、岡山県倉敷市に位置する瀬戸中央自動車道にあるサービスエリアで、四国から本州に入ってすぐの場所にあります。この鴻ノ池SAは上下線にドッグランを設置しています。

店舗内のフードコートでは、具だくさんの自家製「豚汁定食」が大人気。岡山が発祥の「デミカツ丼」や、鴻ノ池SA上り店限定の「たこ天重」もここでしか味わえないメニューなので、寄った際にはぜひ食してください。

鴻ノ池サービスエリア上り3
ドッグランの全景。
鴻ノ池サービスエリア上り5
利用する前に注意書きを読み、トラブルがないようにしたい。

売店は四国の特産品であるうどんの品揃えが充実。岡山名物の「きびだんご」をはじめ、老舗店の和菓子「大風呂敷」の、香ばしいきな粉餅もおすすめです。

お目当てのドッグランは、建物の右をしばらく進んだサービスエリアの奥に位置します。建物から少し遠くにあるため、駐車はなるべく奥の方へ停めた方がよいかもしれません。

鴻ノ池サービスエリア上り7
天然芝の地面はなだらかな斜面の部分がある。
鴻ノ池サービスエリア上り9
山並みの先には海が見える景色が広がる。

全犬種共通のドッグランは、敷地面積が441平方メートルと大規模。24時間利用でき、広々とした芝生のスペースでワンちゃんたちは思いっきり駆け回れるでしょう。ワンちゃんと飼い主さんが仲良く安心して遊べるように、利用ルールをしっかり確認しましょう。

ドッグランの片隅に、排泄物ボックスとホウキやトングなどが設置してあります。ゴミ箱も新しく清潔に管理されています。フィールドは、なだらかな斜面部分もあります。広いフィールドで、いろいろな遊び方ができそう。

鴻ノ池サービスエリア上り6
ダストBOXをはじめ、ホウキなども用意されている。
鴻ノ池サービスエリア上り10
ハードルなどのアジリティが設置されている。

地面は天然の芝生です。短く刈られてあり、ワンちゃんも走りやすそう。そしてステンレスハードルが2台、ミニフレーム(ゴムラバー仕様)が1台と、アジリティが充実しているのもここのドッグランの魅力。大きな石でできた、天然アジリティもありますよ(笑)。大小の木も数本植えられているので、季節を感じることもできます。

鴻ノ池サービスエリア上り11
大きな石で作られた天然のアジリティも設置。
鴻ノ池サービスエリア上り12
様々な木が植えられていて季節感があふれる空間。
鴻ノ池サービスエリア上り13
施設内に屋根付きのテーブルとイスが設置されている。
鴻ノ池サービスエリア上り14
イスがたくさんあり、多くの人がくつろげる。

珍しくフィールド内に東屋もあります。ベンチとテーブルもあり、飼い主さんもゆっくり休憩できます。腰掛けが13個も設置されており、国内のSAドッグランで断トツの多さとなっています。

鴻ノ池サービスエリア(上り)は、鷲羽山に連なる山塊のふところに位置しているため、静かで広々としているのが特長。水島灘も望め、ワンちゃんと一緒にすばらしい景色を堪能できます。四国からの帰路には必ず立ち寄りたいスポットです!

(文:高市 智子/写真:萩原 文博