「約10万円でダッシュボードが蘇る!?」R32スカイライン乗り感涙の新メニューをロブソンレザーが開始

「約10万円でダッシュボードが蘇る!?」R32スカイライン乗り感涙の新メニューをロブソンレザーが開始

製造廃止のデフロスター吹出口も販売中!

マイクロファイバーレザーでダッシュボードをリフレッシュ

インテリアカスタム専門のプロショップとして高い知名度を誇る“ロブソンレザー”が、R32スカイラインをターゲットにしたダッシュボードのリフレッシュメニューを開始するというニュースが舞い込んできた。

R32系のダッシュボードは、経年劣化によって助手席側やフードの段差付近が浮いてしまう持病がある。これまでロブソンレザーでは、浮いた箇所を補修しつつアルカンターラで張り替えるサービスを提供していたが、新たに“マイクロファイバーレザー”と呼ばれる素材を軸にしたメニューを設定したのだ。

この素材は、PVCレザーやPUレザーに次ぐ第3世代の人工皮革だ。耐摩耗性や引張強度、退色性などに優れている上、価格もリーズナブル。施工するダッシュボードの状態によって多少の変動はあるが、ダッシュボード単体での持ち込みの場合、10万円前後で補修&張り替えができるという。

さらにロブソンレザーでは、製廃扱いのデフロスター吹出口のリプレイス品もラインナップ。こちらは通常左右セットで5万円という価格設定だが、ダッシュボード補修時の注文であれば3万円のサービス価格で提供するという。

現在はサービス開始に向けた最終調整の段階で、施工開始は5月中を予定。デフロスター吹出口は数に限りがあるので、ダッシュボード補修を検討中のR32スカイラインオーナーは早めの問い合わせをお勧めしたい。

●問い合わせ:ロブソンマチュリティ TEL:03-3656-6477