新型コロナ感染から復帰のロッシが、トヨタ・カローラでワン・ツー達成/STC2000第3戦

 アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで2週連続開催の幕開けとなった2021年のスーパーTC2000(STC2000)は、続く第3戦が4月10~11日の週末にコルドバのオスカー・カバレンで争われた。

 その土曜クオリファイレースではフランコ・ビビアン(トヨタ・カローラSTC2000)が、日曜のフィーチャーレースでは新型コロナウイルス(COVID-19)に感染し前戦欠場の憂き目に遭っていた王者マティアス・ロッシ(トヨタ・カローラSTC2000)が復活勝利を挙げ、TOYOTA GAZOO Racing YPFインフィニアが週末を席巻。日曜はビビアンも2位に入り、トヨタ・カローラSTC2000がワン・ツー・フィニッシュを飾っている。

 依然としてコロナ・パンデミックで厳しい移動措置制限が敷かれる南半球では、強化された渡航制限の影響により隣国ブラジルからルーベンス・バリチェロの入国が叶わず。TGR陣営は急きょ、シリーズを熟知するベテランのエミリアーノ・スパタロを起用するスクランブル体制を強いられた。

 その一方で、COVID-19感染により第2戦を欠場したディフェンディングチャンピオンのロッシが復帰し、チームに士気と勢いが戻ると、クオリファイレースに向けた土曜計時予選から病み上がりのコンディションを感じさせないドライビングを披露した王者は、開幕戦で勝利を分け合った宿敵、2019年王者リオネル・ペーニャ(ルノー・フルーエンスGT)に次ぐ2番グリッドを確保した。

 土曜午後5時から25分+1周の勝負となったクオリファイレースは、シリーズ独自のハンデキャップ・システムにより予選3番手タイムのマルセロ・チャロッキ(シトロエンC4ラウンジ)と、同4番手タイムを刻んだTGRアルゼンティーナの一角、ビビアンのフロントロウに。

 レース直前のシャワーでウエットトラックでの勝負になり、序盤こそFDCモータースポーツのプライベーター・シトロエンがリードを守るも、最終的にはファクトリーカーのカローラを操るビビアンに先行され、2位にはルノー・スポール・カストロール・チームのマティアス・ミラ(ルノー・フルーエンスGT)、3位には今季からプーマ・エナジー・ホンダ・レーシングに移籍した2017-18年シリーズ連覇のファクンド・アルドゥソ(ホンダ・シビックSTC2000)が続く表彰台となった。

土曜クオリファイレースは、予選3番手タイムのマルセロ・チャロッキ(シトロエンC4ラウンジ)が最前列からスタート
TOYOTA GAZOO Racing YPF INFINIAのフランコ・ビビアン(トヨタ・カローラSTC2000)が初日のウエット戦を制した
日曜フィーチャーレースはフロントロウに並んだマティアス・ミラ(ルノー・フルーエンスGT)がストールで後続に飲み込まれる

■王者ロッシが病み上がりの復帰戦で見事に優勝

 これで勝者ビビアンがポールポジションを確保し、ルノーのミラと並んでスタートが切られた40分+1ラップの日曜フィーチャーレースは、その背後に控えたホンダ・シビックがスタートと同時に一閃。グリッド上でストールを喫したルノーばかりか、TGRカラーのトヨタをもかわしてホールショットを奪っていく。

 一方その後方では、6番手発進だったロッシも抜群のスタートを決め、オープニングラップを終えたところで3番手にまで浮上してくる。

 さらにその後ろでは、第2戦で圧巻の連勝劇を披露したシボレーYPFチームの2016年王者アグスティン・カナピノ(シボレーYPFクルーズ)が、ファビアン・シャナントゥオーニのホンダを仕留めロッシに迫る勢いを見せたことから、トヨタ陣営はビビアンに指示を出し、すぐさまロッシを前に行かせ防衛ラインを展開する。

 ここでホンダ追撃の強い意思を示したロッシは、今季から実装された“プッシュ・トゥ・パス”を活用してホームストレート上の勝負で首位浮上に成功すると、反撃に転じたいアルドゥソのシビックはなんとシステムの故障によりオーバーテイク機能が反応せず。これでビビアンにも先行を許し、トヨタがワン・ツー体制を構築する。

 セーフティカーの絡んだ終盤にはベルナルド・レイバー(シボレーYPFクルーズ)がペースの落ちたチームメイトを捉えて最後の表彰台を手にし、カナピノは最終的に7位まで後退。プッシュ・トゥ・パスを失ったアルドゥソもなんとか6位でフィニッシュする苦しいレースとなった。

 これで楽になったロッシは1秒のマージンを維持しながらトップチェッカーを受け、病み上がりの復帰戦で見事に優勝。選手権首位ペーニャに4ポイント差のランク2位に返り咲いた。

「今週末は本当に順調で、トヨタ・カローラのレースペースは並外れていた。COVID-19感染で1ラウンド欠場の不運があっただけに、良いポイントを獲得できて最高だ。シケインで僕に道を譲ってくれたフランコにもお礼を言いたい」と、喜びを語ったロッシ。

 依然としてカレンダーの開催地が未確定のまま進んでいるSTC2000の2021年シーズンだが、続く第4戦はブエノスアイレス近郊に位置する高速トラック、サン・ニコラスで5月1~2日の週末に争われる。

2017-18年シリーズ連覇のファクンド・アルドゥソ(ホンダ・シビックSTC2000)はプッシュ・トゥ・パスが機能せず
「フランコはイン側でラインをキープし、僕に明確なサインを送ってくれた」と勝者マティアス・ロッシ
COVID-19療養明けのロッシが、選手権首位ペーニャに4ポイント差のランク2位に返り咲いた