【市販車情報】最新キャンピングカーのキーワードは家電製品を長時間使用できる“充電力”

 市販車の最新ニュースや購入ガイドなどをオートスポーツwebならではの視点で掘り下げる『オートスポーツweb市販車深掘り企画』。
 前回に続き2021年4月2日(金)〜4日(日)に開催された国内最大級のキャンピングカーイベント『ジャパンキャンピングカーショー2021』からお伝えします。
 キーワードは、“充電力”。パソコン、エアコン、テレビ、冷蔵庫までが揃う“オフィス仕様”が人気のなか、『長時間、家電を使える』ことを主張するモデルが続々登場。300台以上の展示車両から、オートスポーツwebが選んだ9台をご紹介します。

* * * * * *

■コイズミ/かるキャン NUGGET(ナゲット)

災害地での活躍を念頭に開発した“使える”軽キャンパー

コイズミ/かるキャン NUGGET(ナゲット)
コイズミ/かるキャン NUGGET(ナゲット)

 コイズミの軽自動車をキャンパー仕様に仕上げる『かるキャン』シリーズ。これまでも変形することでキャビンの容量を2.4倍に拡大する『トランスフォームキャンパー』や、開放的なリヤデッキを持つ『デッキクルーザー』といった“使える”モデルを多数リリースしている。

 今回お披露目した『ナゲット』は、災害ボランティアの自活拠点を念頭に開発された軽キャンパー。ベース車両は信頼性と積載力を併せ持つスズキ・キャリイトラック。

 ルーフテントやアイテムボックス、スライド式の作業テーブルを設けるなど、緊急時の使用シーンを想定した車両に仕上げられている。もちろん、遊びの拠点として活用することもできる。

 コイズミは新車/中古車のコンプリートカーとして、持ち込み車両の架装にも対応しているそうだ。

災害ボランティアの拠点として開発された『ナゲット』は、見た目以上に実用的な工夫が注がれている。
災害ボランティアの拠点として開発された『ナゲット』は、見た目以上に実用的な工夫が注がれている。
ルーフには大人2名が宿泊できるスペースを確保したジャームス・パロウドのルーフテントを設置する。
ルーフには大人2名が宿泊できるスペースを確保したジャームス・パロウドのルーフテントを設置する。
荷台には、道具や食料品を整理して積載できるDブロイBOXを設置。引き出し式のスライドテーブルの耐荷重は100kgと堅牢な造り。
荷台には、道具や食料品を整理して積載できるDブロイBOXを設置。引き出し式のスライドテーブルの耐荷重は100kgと堅牢な造り。
着替えの時に重宝するシャワーカーテンも完備する。リヤスペースにスマートに収納できる。
着替えの時に重宝するシャワーカーテンも完備する。リヤスペースにスマートに収納できる。

■デスレフ/PULSE I7051 EB

人気メーカーの最新キャブコン。国内でも便利に使える設計が光る

デスレフ/PULSE I7051 EB
デスレフ/PULSE I7051 EB

 ドイツ生まれのデスレフは、北ヨーロッパ地域のキャンピングカー市場で高い実績と人気を誇るコンバージョンメーカーだ。

 同社が展開するパルスシリーズは、専用設計による十分以上な居住スペースと、欧州メーカーならではの個性的なデザイン、豪華装備、先進機能を備える主力モデルだ。

 今回展示されていたモデルは『PULSE I7051 EB』。室内に目を向けると、フロントにプルダウンベット、リヤにシングルのツインベッドを配置したフルコンバージョン仕様。

 そのほか、車両の全周囲をモニターで確認できる『Top View 360 (360°全方向ビューシステム)』や右ハンドル仕様、最新ディスプレイオーディオを設定するなど、日本のユーザーが安全と便利さを感じる機能も抜かりなく装着されている。

日本でも扱いやすい右ハンドル仕様車を用意。フロント2席を回転させれば、ソファのような使い方もできる。
日本でも扱いやすい右ハンドル仕様車を用意。フロント2席を回転させれば、ソファのような使い方もできる。
左右にシングルベットを配置する余裕の設計。ホテルのようなキャビンは、本格的な車中旅でも難なくこなせる。
左右にシングルベットを配置する余裕の設計。ホテルのようなキャビンは、本格的な車中旅でも難なくこなせる。
車両後方の下側には十分な広さを持つ荷室が設けられている。長期の旅も十分に耐えられるだろう。
車両後方の下側には十分な広さを持つ荷室が設けられている。長期の旅も十分に耐えられるだろう。

■レクビィ/イゾラ エアコン仕様

家庭用エアコンを追加した人気シリーズの最新モデル

レクビィ/イゾラ エアコン仕様
レクビィ/イゾラ エアコン仕様

 ニッサン・キャラバンをベースにしたキャンピングカー『レクビィ・イゾラ』は、十分な動力性能を求めるユーザーから高い支持を集めるバンコンキャンパーだ。

 2021年2月に登場した最新モデルは、エアコン付きキャンピングカー『レクビィ・イゾラ エアコン仕様』。電池で駆動する家庭用エアコンを搭載し、快適さは一段と向上した。実際にイゾラで車上生活をしているユーチューバーの動画を参考にするなど、ユーザーの生の声を取り入れて開発が進められたという。

 具体的なポイントは、動作音が気になるエアコンの室外機はシャシー下に配置。電化製品を不足なく稼働するために十分なバッテリー容量を確保するなど、“快適な車中泊”のための工夫が随所に盛り込まれている。

横幅が若干狭めのナローボディがベースだが、大人4名が伸び伸びと過ごせる居住空間が確保されている。
横幅が若干狭めのナローボディがベースだが、大人4名が伸び伸びと過ごせる居住空間が確保されている。
エントランス部にテレビや電子レンジなどが巧みに配置されている。くつろぎの空間を損なうことなく、長期の車中泊にも対応できる機能が満載だ。
エントランス部にテレビや電子レンジなどが巧みに配置されている。くつろぎの空間を損なうことなく、長期の車中泊にも対応できる機能が満載だ。
車両後方のラゲッジ部分には、シャワーが使える防水マルチルームも備える。家庭用エアコンは車両左側面の上側に配置される。
車両後方のラゲッジ部分には、シャワーが使える防水マルチルームも備える。家庭用エアコンは車両左側面の上側に配置される。

■ホワイトハウス/ホンダN-VAN コンポ POP Cabin

長距離旅にも対応する“自分専用”の個性派軽キャンパー

ホワイトハウス/ホンダN-VAN コンポ POP Cab
ホワイトハウス/ホンダN-VAN コンポ POP Cab

 ホワイトハウスが手がける最新の軽キャンパーは、“大人の秘密基地”をコンセプトに制作されている。ベース車両はホンダN-VAN。低床構造に同社独自のレイアウトを組み合わせることで、室内空間のアレンジ性を大きく高めている。

 今回展示されていた『Cabin』は、長期間の旅を想定した仕様となっている。室内はフラットベットに電源マネジメントを組み合わせたり、車体後部とルーフまわりに専用の収納スペースや棚を追加するなど、工夫が盛りだくさん。また、冷蔵庫やテレビなどの家電製品を充実させる仕様にアレンジすることも可能となっている。

 オプションでプライバシーテントやポップアップルーフも用意されるなど、細かい仕様を選べることも魅力だ。

収納棚やエアコンは、リヤゲート上の左右に配置する。限られた空間を活かした工夫が注がれている。
収納棚やエアコンは、リヤゲート上の左右に配置する。限られた空間を活かした工夫が注がれている。
大人2名が就寝できるポップアップルーフを採用。ベット板を跳ね上げれば、室内高は1800mm以上を確保する。
大人2名が就寝できるポップアップルーフを採用。ベット板を跳ね上げれば、室内高は1800mm以上を確保する。

■人気SUVのキャンピング仕様から動くマンション!?までを紹介

■ケイワークス/トヨタ・ハイエース

急速充電もできる最新の電源システムを搭載する

ケイワークス/トヨタ・ハイエース
ケイワークス/トヨタ・ハイエース

 ケイワークスは長年、キャンピングーカーを架装している老舗ビルダー。今回展示されていたトヨタ・ハイエースは、木目調で加飾されたキャビンの美しさも際立つが、最大の見所は電源マネジメントの充実ぶりだ。

 ハイエースに搭載されている同社オリジナルの『メビウスシステム』は、走行充電/外部充電/ソーラーパネルの充電に対応する。

 サブバッテリーの容量で電化製品を使用できる時間は変わるが、100Ahバッテリーを3つ搭載する車両ならば、エアコンは約6時間〜7時間半、冷蔵庫は約100時間、ノートパソコンであれば約130時間は使用できるという。

 充電力も最大61Ahと一般的な100Ahクラスのリチウムイオンバッテリーならば、2時間足らずでフル充電できる性能を持っている。

キャビンは木目とレザーを使った豪華な雰囲気。高機能な電源マネジメントを採用している。
キャビンは木目とレザーを使った豪華な雰囲気。高機能な電源マネジメントを採用している。
ルーフが水平にアップするエレベーター式のポップアップルーフ。室内高は1850mmまで拡大される。
ルーフが水平にアップするエレベーター式のポップアップルーフ。室内高は1850mmまで拡大される。

■ユーアイ ビークル/カムロード用 コンフォートショックアブソーバー

専用キットで足まわりを強化。乗り心地を改善したトヨタ・カムロード

ユーアイ ビークル/トヨタ・カムロード用 コンフォートショックアブソーバー
ユーアイ ビークル/トヨタ・カムロード用 コンフォートショックアブソーバー

 
 トヨタ・カムロードは、国産キャブコンのベース車両として絶大なシェアを持つが、ラダーフレームを採用した車両のため乗り心地はいまひとつ。

 高い動力性能は求めていなくても、乗り心地はもっと改善されれば良いと願うカムロードのオーナーも多いことだろう。そんな声に応えてくれるのが、ユーアイビークルが提案するカムロードの足まわりを補強するアップデートパーツだ。

 同社は乗り心地にこだわったトヨタ・ハイエースキャンパーを提案するビルダーであるため、そのノウハウをカムロードにも注入している。

 オレンジ色にペイントされたフロントスタビライザーとリヤスタビライザー、ショックアブソーバーを組み込むことで、縦揺れと横揺れを効果的に抑えることができるとのこと。取付け作業も一般的な整備工場でも対応可能のため、気軽に装着できることもうれしい。

アブソーバーはキャンピングカーの重さを受け止められる十分な容量を確保。リヤの突き上げ感も和らげることができるとい
アブソーバーはキャンピングカーの重さを受け止められる十分な容量を確保。リヤの突き上げ感も和らげることができるとい
フロント側は減衰固定ではなく、ドライバーの好みに応じて14段階で減衰力の調整が可能。運転の楽しさを念頭に開発されている。
フロント側は減衰固定ではなく、ドライバーの好みに応じて14段階で減衰力の調整が可能。運転の楽しさを念頭に開発されている。

■ゴードンミラー/GMLVAN C-01(NV200)

リアル木目で統一されたオシャレでモダンなキャビンを提供

ゴードンミラー/GMLVAN C-01(NV200)
ゴードンミラー/GMLVAN C-01(NV200)

 ガレージ生活に彩りを与えるアイテムを数多く提案するゴードンミラー。キャンピングカーのビルダーとしても、インテリアブランド『ジャーナルスタンダード ファニチャー』とコラボレーションした味わい深いモデルを提案している。シンプルながらも贅を凝らしたリアルな木目の室内は、多くのユーザーから好評を集めている。

 今回展示されていたニッサンNV200をベースにした『GMLVAN C-01』は、ボディカラーにご注目。“コヨーテ”と名付けられたカーキ系の色は、一般的な全塗装ではなく、日産自動車の協力により新車製造時の生産工場で塗装されたもの。

 ゴードンミラーのオリジナルカラーでありながら、メーカー純正の品質を実現していることも見逃せない。

天然木を床から天井まで贅沢に用いたキャビン。本物だからこそ、経年劣化による風合いの変化も楽しむことができる。
天然木を床から天井まで贅沢に用いたキャビン。本物だからこそ、経年劣化による風合いの変化も楽しむことができる。
ラゲッジルームの床板をテーブルとして活用できる。さりげない工夫で快適なバンライフをサポートする。
ラゲッジルームの床板をテーブルとして活用できる。さりげない工夫で快適なバンライフをサポートする。

■RVランド コンセプト/ジープ・ラングラーTripTop

ラングラーの新たな一面を発掘! 専用ポップアップルーフを提案

TripTop/ジープ ラングラー
TripTop/ジープ ラングラー

 RVランド コンセプトが開発したジープ・ラングラー専用のポップアップルーフ『TripTop』がついに正式発売されることになった。

 取付け作業はボディ加工ではなく、ルーフユニットを屋根にかぶせてキャリアに固定する方法を採用する。そのため、ボディ側を傷めずにキャンパー仕様に変身できるという、アイデアアイテムだ。

 すでに10台限定の先行発売分は発表直後に完売してしまったそうだが、今年9月には正式なカタログモデルとして発売されるとのこと。ラングラーのオーナーは是非検討してみてほしい。

ルーフベットのサイズは2000mm×1100mmと十分な広さを確保。これを取り付ければラングラーでも快適な車中泊ができる。
ルーフベットのサイズは2000mm×1100mmと十分な広さを確保。これを取り付ければラングラーでも快適な車中泊ができる。
ルーフベットには、運転席上のサンルーフから乗り込む。ルーフレールにがっちりと固定されているので、安定感も申し分なし。
ルーフベットには、運転席上のサンルーフから乗り込む。ルーフレールにがっちりと固定されているので、安定感も申し分なし。

■ヴィネベーゴ/ボヤージュ フィフスホイール

キャンパーの憧れ、北米生まれの動くマンション!?

ヴィネベーゴ/ボヤージュ フィフスホイール
ヴィネベーゴ/ボヤージュ フィフスホイール

 北米で活動するヴィネべーゴは、本場で磨き抜かれた本格キャンピングカーを幅広い価格レンジでラインナップする。今回紹介するボヤージュ フィフスホイールは、ヴェネベーゴのトレーラーシリーズの最上位に君臨するフラッグシップモデルだ。

 ボヤージュ フィフスホイールの3つの区画に分けられるマルチキャビンは、高級マンション並みの設計が注がれている。本格的なラウンジやダイニングキッチン、バスルームがレイアウトされるなど、“家”がそのまま移動する感覚に近い。

 大きすぎるボディサイズや重量が嵩むこともあって、購入のハードルは相当高いものだが、最近は法人需要もあって台数が出ているという。

全長10mを超え、ボディの重量は5010kgと超ヘビー級。ヒッチウェイトは1160kgとなるため、牽引する車両はトレーラーヘッドが望ましいそうだ。
全長10mを超え、ボディの重量は5010kgと超ヘビー級。ヒッチウェイトは1160kgとなるため、牽引する車両はトレーラーヘッドが望ましいそうだ。
キャビンは、大まかに分けると3つのスペースが設けられている。フロント側にリビングやダイニング、リヤ側にはベットルームがレイアウトされている。
キャビンは、大まかに分けると3つのスペースが設けられている。フロント側にリビングやダイニング、リヤ側にはベットルームがレイアウトされている。