レクサス、上海モーターショーに新型『ES』と『LF-Z Electrifiedコンセプト』を出展

 4月2日、レクサスは4月19日に開幕する上海モーターショーへの『LF-Z Electrified(LF-Zエレクトリファイド)コンセプト』と新型『ES』の出展を予告。会期初日にレクサスESを世界初披露すると発表した。

 中国、上海で今月19日から開催される上海国際モーターショーにおいて、レクサスがニューモデルを世界に向けて放つ。そのひとつが3月30日に初公開されたLF-Zエレクトリファイド・コンセプトだ。

 上海ショーでは次世代のレクサスブランドを象徴するEVコンセプトカーとともに、新型ESの世界初披露も行われる。今回、レクサスはこの発表に先立ち、デザインを一部公開。新型モデルのヘッドライト形状やリヤのスタイリングが明らかにされている。

 発表日となる4月19日(月)にはプレスカンファレンスが予定されており、レクサス・インターナショナル・プレジデント/チーフ・ブランディング・オフィサーを務める佐藤恒治氏がオンライン形式で参加し、レクサスの電動化に向けたメッセージと新型ESの発表を行うという。

レクサスLF-Zエレクトリファイド・コンセプト
レクサスLF-Zエレクトリファイド・コンセプト