ベントレーがマイアミに高級レジデンスをオープン! 高級自動車ブランドが「住」に進出する理由とは

ベントレーがマイアミに高級レジデンスをオープン! 高級自動車ブランドが「住」に進出する理由とは

60階建てのガラス張りタワマンを新設

ベントレー モータースは米フロリダ州マイアミのサニー・アイルズ・ビーチに、ブランド初の「ベントレー レジデンス」をオープンする。世界的に知られる建築事務所、シーガー・スアレス・アーキテクツとタッグを組み、広大なガレージ付きの物件をしつらえた60階超のタワーマンションを建設する計画だ。

大西洋を一望できる屈指のリゾートエリアへ新たに建設する「ベントレー レジデンス」は、高さ749フィート(約228m)の超高層ビル。アメリカのビーチフロントに建つタワーマンションの中でも、最も高い部類に入る。円筒形の建物は、マイアミの海と空の絶景を享受できるよう、天井から床までを広大なガラスで覆うデザインとしている。

自動車専用エレベーターと広大なガレージを用意

最大の特徴は、複数台の愛車を保管できるガレージが付帯すること。出入庫の際は特許取得済みの自動車用エレベーターを使用することで、セキュリティ面にもプライバシー面にも安全・安心な環境を整えているという。

タワー内にある200邸以上の住居は、プライベートバルコニーやプール、サウナ、屋外シャワーなどを完備。共有エリアには、美しく整備された絶景の庭園をはじめ、ジムやスパ、レストラン、バーといった設備を用意する。もちろん、設備全体の世界観を統一するべく、ベントレーのデザイン部門もプロジェクトに参画してきた。

「ベントレー デザイン アパートメント」の建設にあたっては、マイアミの貴重な自然環境を守るために、あらゆる基準へ配慮。環境に悪影響を与えない資材を厳選し、エネルギー消費を可能な限り抑える設計としている。また、ビーチへやってくるウミガメに害をもたらさないよう、照明の使用にも細心の注意を払うそうだ。

ベントレーのホームオーディオイメージ

プロダクトだけでなく「体験」もプロデュースする

サニー・アイルズ・ビーチにはアルマーニ/カーザによる「レジデンス・バイ・アルマーニ/カーザ」が2020年にオープンするなど、高級ブランドによるランドマークが相次いで登場。ポルシェもやはり“天空のガレージ”付きの「ポルシェ・デザイン・タワー・マイアミ」をオープンしている。そこへ新たに加わる「ベントレー レジデンス」の着工は2023年の初頭を予定。完成は2026年を見込んでいる。

高級自動車ブランドは現在、「住」分野へ積極的に進出している。アストンマーティンはマイアミに続き、マンハッタンの高級タワーレジデンスにも“DBX付き邸宅”をリリース。マクラーレンも、ウェストハリウッドの富裕層向けレジデンスと組み、ペントハウスとガレージのセット販売を行っている。

エネルギー問題、自動運転、生活様式の変化など、おおきな時代のうねりを受けて、自動車メーカーはいま転換期を迎えている。とりわけ高級車ブランドは、今後は自動車というプロダクトそのものだけでなく、「体験」や「世界観」そのもののプロデューサーとしても役割の幅を広げていく可能性が高い。かのロールス・ロイスも、「モーターカーカンパニーから、ハウス・オブ・ラグジュアリーになる」という宣言を放ったばかりである。自動車界のルネサンスは、テクノロジーだけでなく“在り方”そのものにも迫っているのかもしれない。