阪和自動車道・紀ノ川SA(下り)はワンちゃんと食事ができるテラス席が充実【全国高速道路SAドッグラン探訪】

■西側展望施設から見える夜景100選に選ばれた景色が疲れた体を和ませてくれる

2匹のミニチュアダックスフンドと暮らすライターが足を運んで、日本全国にある高速道路のサービスエリア(SA)に併設しているドッグランを紹介します! 今回は阪和自動車道、紀ノ川(きのかわ)SA(下り)です。

紀ノ川サービスエリア02
山小屋風な建物が特長の紀ノ川サービスエリア。
紀ノ川サービスエリア03
ドッグランの全景。

紀ノ川SA(下り)は、和歌山県和歌山市に位置する阪和自動車道自動車道にあるサービスエリアです。大阪と和歌山を結ぶ阪和自動車道の下り線にあるドッグランは、和歌山県内の高速道路で初めて設置されました。

店舗内にあるフードコートは、「和歌山ラーメン」をはじめ、和歌山の梅が入った「梅うどん」や、新鮮な地元産しらすを使った「しらす丼」など、ここでしか味わえないメニューが豊富です。

紀ノ川サービスエリア04
施設内にある水道はレンガ造りでおしゃれ。
紀ノ川サービスエリア05
蛇口も犬のマスコットとなっている。

オリジナルスイーツ「紀ノ川恵みロールケーキ」や、バゲットにコーヒークリームをサンドした「コーヒーランド」はN0.1の人気です。

和歌山産みかんの果汁を使用したオリジナルソフトクリームや、和歌山のブランド桃「あらかわの桃」を贅沢に使用した「あらかわのすもも&桃ソフト」など、スイーツ系が充実したサービスエリアでもあります。

紀ノ川サービスエリア06
ダストBOXもしっかりと設置されている。
紀ノ川サービスエリア07
地面は土となっているので、遊んだあとは脚を洗ってあげましょう。

お目当てのドッグランは、出口側のガソリンスタンド近くに位置しています。出口寄りの駐車場に停めるとドッグランへのアクセスが便利です。

ドッグランのフィールド内にあるペット専用水飲み場は、レンガ造りでおしゃれ! 蛇口もカワイイ犬の形をしていて、思わずホッコリしてしまいます☆

排泄物用ボックスは、ショッピングセンターにあるようなゴミ箱を代用しているようです。ドッグランの広さは約230㎡とやや小規模ですが、きれいに整備されています。

地面は土になっているため、遊んだ後はワンちゃんの足をしっかり洗った方がよさそうです。ベンチの数は多めで、あちこちにあるため木陰のベンチに座ることもできます。

紀ノ川サービスエリア08
ドッグランの中にはたくさんの石製のイスが設置されている。
紀ノ川サービスエリア09
屋根付きのテラス席もあり、ペット同伴で食事もできる。

紀ノ川SA(下り)のレストハウスは、雨が降ってもOKな屋根付テラス席もあり、ワンちゃと一緒に食事ができるのは、愛犬家にとって嬉しいポイント。

また緑地にはあずまやもあり、夜景100選に選ばれた西側展望施設「森の庭」から和歌山平野を一望することができたり、休憩以外にもさまざまな楽しみ方があります。

南紀白浜方面へおでかけの際には、和歌山のグルメやスイーツ、そして絶景を堪能しに、ワンちゃんと立ち寄って、時間をかけてゆっくり過ごしてみてはいかがですか。

(文:高市 智子/写真:萩原 文博