福永、柳澤のシュコダ勢がワン・ツー。奴田原駆るGRヤリスが3位に/全日本ラリー第3戦唐津

 4月10~11日、JRC全日本ラリー選手権第3戦唐津が佐賀県唐津市を中心に開催され、福永修/齊田美早子組(アサヒ☆カナックOSAMU555ファビア)が総合優勝を果たした。

 開幕戦として予定されていた嬬恋の中止にともない、実質シーズン2戦目として開催された『ツール・ド・九州2021 in 唐津』。前戦の新城と同様に無観客で行われたターマック(舗装路)ラリーの今戦は、2日間で全10本のステージを走行するスケジュールが設定された。
 
 その初日レグ1は、SS1で開幕戦ウイナーの新井敏弘/田中直哉組(富士スバル AMS WRX STI)がベストタイムを刻み、連勝に向けて好スタートを切る。しかし、新井は続くSS2でスピンを喫し約20秒を失い総合5番手に後退してしまう。

 レグ1の4ステージを終えた時点でのトップは、今戦からトヨタGRヤリスを投入して参戦している奴田原文雄/東駿吾組(ADVAN KTMS GRヤリス)。1.4秒後方にファビアR5を駆る福永が続き、そこから0.1秒遅れの3番手に勝田範彦/木村裕介組(GRヤリスGR4ラリー)がつけた。

勝田範彦/木村裕介組(GRヤリスGR4ラリー) 2021全日本ラリー第3戦唐津
勝田範彦/木村裕介組(GRヤリスGR4ラリー) 2021全日本ラリー第3戦唐津

 6本のSSを走行するレグ2では、柳澤宏至/保井隆弘組(ADVAN CUSCO FABIA R5)が安定感のある走りをみせ、首位争いに加わる。

 一方、前日首位の奴田原はSS6でベストタイムを記録するも、SS8でタイムを落としてしまいポジションダウン。最終SS10で2番手タイムを記録し、盛り返しをみせたが新車のデビューウインとはならず。総合3位でGRヤリスの初陣を終えた。

 初日を2番手で終えた福永は、この日最初のステージとなったSS5から速さをみせ、SS7とSS8でもトップタイムをマークして柳澤とのギャップを広げる。最後の2ステージでは、その柳澤がスパートを掛けて福永に肉薄するも3秒届かず。この結果、福永/齊田組シュコダの今季初優勝が決定した。

 4位はTOYOTA GAZOO Racingの勝田、5位には同じくTGRの眞貝知志/安藤裕一組(GRヤリスGR4ラリー)が入った。なお、新井大輝と鎌田卓麻が欠場したため孤軍奮闘となった新井は、SS9で発生したエンジントラブルの影響でリタイアを喫している。

 JN-2クラスは石井宏尚/竹下紀子組(CUSCO DL LEXUS F)が優勝を飾り、JN-3は大竹直生/藤田めぐみ組(ADVAN KTMS ヌタハラRS86)が制した。

 JN-4では西川真太郎/本橋貴司組(スマッシュDLモンスターitzzスイフト)が、JN-5は天野智之/井上裕紀子組(豊田自動織機・DL・ヴィッツ)、JN-6は吉原將大/佐野元秀組(KYB DL アップガレージ Yaris)がそれぞれクラス優勝を果たしている。

 全日本ラリー選手権の次戦、第4戦『久万高原ラリー』は5月2~3日、愛媛県上浮穴郡久万高原町で開催される予定だ。