アルファタウリ・ホンダF1のガスリー「シーズン通してフェラーリやマクラーレンと中団上位を争っていける」

 ピエール・ガスリーは、アルファタウリ・ホンダF1は2021年シーズンを通して中団上位の速さを発揮し、マクラーレンやフェラーリと戦えるという自信を示した。

 F1開幕戦バーレーンGPでガスリーは予選5番手を獲得、しかし決勝では序盤にマクラーレンのダニエル・リカルドとの接触により後退し、最終的にはリタイアした。決勝で期待どおりの結果を出せなかったガスリーだが、アルファタウリAT02・ホンダのペースに好感触を持ったという。

「フェラーリやマクラーレンと戦える速さを週末を通して示した。それはポジティブなことだ」とガスリーは語った。

「これから彼らと戦っていくことになるだろう。すべてのサーキットでね」

「(バーレーン決勝で)マクラーレンと接触し、そこで僕のレースはほとんど終わってしまった」
「フロントウイングを壊し、フロアにダメージを負った。終盤にはさらに問題が発生したために、リタイアしなければならなかった」

「もちろんすごくがっかりしている。フェラーリやマクラーレンといい戦いをしていたのに、大量のポイントを逃したんだからね」

ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第1戦バーレーンGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)

 アルファタウリは、今後のグランプリで段階的にアップデートを導入していく予定だ。ガスリーは次戦エミリア・ロマーニャでも中団上位で戦えるという自信を持っている。

「(バーレーンでは)ポジティブな手応えを得た。週末を通してペースが良かったんだ。予選でのペースはかなり強力だったし、金曜に走ったロングランもとても良かったと思う。だから、(接触がなければ)フェラーリやマクラーレンと戦えたはずだ」

「今回はそれができなかった。次のレースに集中して自分たちのやるべきことに取り組み、必ずポイントを獲得することを目指す」
「これからのレースでは彼らと戦えるはずだ」