阪口晴南、昨年のGT500デビュー時と今季の違い。初ポールを支えたトムスのアプローチ【GT500予選あと読み】

 岡山国際サーキットで開幕した2021年のスーパーGT。そのうちGT500クラスは“驚き”の予選内容となった。

 予選Q1からトヨタGRスープラ勢がライバルを圧倒する速さで全6台がQ2へ進出。GRスープラ同士のポールポジション争いとなったが、そのなかで速さをみせたのがKeePer TOM’S GR Supraの阪口晴南だった。

 本来ならサッシャ・フェネストラズが平川亮とコンビを組んで37号車で参戦する予定だったが、コロナ禍に伴う入国規制の関係で、開幕戦の出場が叶わず。その代役として起用された阪口が、2021年シーズンの開幕戦でいきなり見せ場を作った。

「平川選手が予選Q1をトップで帰って来たので、(Q2のアタックは)まぁ緊張しました! 普通にいけばポールポジションが獲れるという感じだったので『これはミスできないぞ』と思ったんですけれど、これまでの自分のキャリアでも、結果を残さないといけない場面は何度もあったので、アタックしている時は無心になれました」

「そういった意味でも、今まで自分が培って来たものというのは、間違いなかったのかなと思います。またひとつ自信につながりました」

 そう自身のQ2アタックを振り返った阪口。彼にとってGT500でのレースは2度目となるのだが、前回の2020年第2戦富士(コロナ禍で入国が叶わなかったヘイキ・コバライネンに代わってDENSO KOBELCO SARD GR Supraから参戦)では、決勝で順位を落としてしまうなど、悔しい結果に終わった。しかし、そこでの経験も活かされ、今回はしっかりとした事前準備をしてきたことが、いきなりのポールポジション獲得につながった。

「昨年の39号車のときは、チームには申し訳なかったんですけれど、走行できた時間があまりに短すぎて、それこそ土曜日の公式練習で10数周走って、いきなり予選という状況でした。決勝もロングランの経験が一切ないなかでレースに臨んで……チームには本当に申し訳なかったですけれど、クルマのパフォーマンスを最大限引き出すことができなかったのかなと思います」

「ただ今回は大きく違って、シーズンオフのあいだにメーカーテストを含めて3回走り込む機会がありました。けっこう乗せていただけるようなスケジュールを組んでくださって、新品タイヤの経験もそうですし、ロングランの経験もさせてもらいました。それが大きかったです」

「緊張感はありましたけど、アタックに関しては今回の方が自信がありました。それが良かったです」

2021スーパーGT第1戦岡山 KeePer TOM’S GR Supra(平川亮/阪口晴南)
2021スーパーGT第1戦岡山 KeePer TOM’S GR Supra(平川亮/阪口晴南)

 昨年の代役参戦のときは、急きょ決まったこともあり事前にテストをするチャンスがなかったが、今回は開幕前に公式テストやメーカーテストの段階から代役として参加していたことが良い方向にもたらした様子。さらに、TOM’Sの阪口に対するサポートも、大きな手助けになったという。

「正直、僕はまだ経験が少ないので、ベストパフォーマンスを出す線が細い感じがあります。そこをチームのみなさんがサポートしてくれました。条件が整えば、良いタイムを出せるというのはチームのみなさんも分かってくださっていたので、それになるべく近づけるように、平川さんとエンジニアさんが僕を煽ってくれたので、そこも大きかったですね」

「やっぱり超名門のTOM’Sなので、ルーキーとか若手を乗せることに対しては慣れていると思います。こういうときにこういう経験を積ませればパフォーマンスを出すみたいな考えがあったと思います。そこにはチームのみなさんと平川さんに感謝しています」

 阪口は2019年にGT300クラスデビュー戦で優勝を飾ったという記録が残っているが、そのときは悪天候の影響でレースが途中終了となり、自身が決勝を走ることはなかった。

 ここまで培ってきた経験が自信になっているのか、どちらかというと落ち着いている様子だったのが印象的だった。平川とともに幸先の良いスタートが切れるか、決勝レースから目が離せない。

2021スーパーGT第1戦岡山 ポールポジション獲得を喜ぶ平川亮、山田淳監督、阪口晴南(KeePer TOM’S GR Supra)
2021スーパーGT第1戦岡山 ポールポジション獲得を喜ぶ平川亮、山田淳監督、阪口晴南(KeePer TOM’S GR Supra)