関口雄飛がトラックマーシャルに感謝を伝えるオリジナルTシャツを発表

 4月6日、全日本スーパーフォーミュラ選手権ではCARENEX TEAM IMPUL、スーパーGTではTGR TEAM au TOM’Sから参戦する関口雄飛が、実運送業務を主幹事業とする京都府のエースジャパン株式会社とパートナーシップ契約を締結したが、その第1弾として、世界中のオフィシャルへの敬意を表すべく、自らが監修したアパレルを発表した。

 2021年も国内トップカテゴリーで活躍する関口は、両カテゴリーともトップチームに所属し、悲願のチャンピオン獲得に向けて、国内最高峰のレースに挑む。その関口の夢を追う姿と情熱あふれるドライビングスタイルに感動したエースジャパン株式会社の判藤慶太代表取締役は、関口のパーソナルスポンサーとしての支援にとどまらず、お互いの夢を共有し、このコロナ禍で厳しい状況となっている日本の自動車関連業界の発展に何か寄与できないかと考えるようになった。

 また、関口は自らの忙しいスケジュールの合間にレーシングカートやミドルフォーミュラで戦う若手ドライバーを指導し、後進たちを育成する活動を続けている。そこで、今回の出会いがエースジャパン株式会社とレーシングドライバー関口雄飛が新たな活動をスタートするパートナーシップ契約締結へと進んだ。

 そんな両者のパートナーシップの第1弾として、関口は世界中のオフィシャルへの敬意を表すべく、自らが監修したアパレルを発表した。『THANKS FOR ALL MARSHALS T MYSS21 by Yuhi』と名付けられたTシャツは、オフィシャルが振るさまざまなフラッグの模様、そしてすべてのトラックマーシャルへの感謝が綴られる。

「私たちレーシングドライバーは、多くのトラックマーシャルに支えられて安全にレースをすることができます。そして多くのモータースポーツファンを楽しませることができます。世界中のトラックマーシャルへの感謝の気持ちをアパレルで表現しました」と関口。

 限定販売のTシャツでの収益は、モータースポーツ振興のために使われる。購入はホームページ(http://yuhi-sekiguchi.com/shop/)まで。