ダイハツ・コペン、コペン GR SPORTにオートライトを標準化

■サイドミラーを拡大

2021年4月7日、ダイハツコペン(ローブ、エクスプレイ、セロ)、およびTOYOTA GAZOO Racingの「コペン GR SPORT」が同時に一部改良を受けました。

今回の改良では、全モデル共にオートライトが標準装備されたのがトピックス。ダイハツ・コペンは、より広い後方視界を確保するべくサイドミラーが拡大され、視認性が高められています。

コペン GR SPORT
TOYOTA GAZOO Racingの「コペン GR SPORT」

オートライトは、照度センサーにより自動的に点灯、消灯する機能で、夜間やトンネル内でのライトの点け忘れを防ぎ、また手動で点灯、消灯する必要がありません。

ダイハツ コペン
ダイハツ・コペンのインパネ

コペンの「ローブ」「エクスプレイ」の価格帯は、両車同じ188万8700~211万4200円で、「セロ」の価格帯が194万3700~216万9200円。

TOYOTA GAZOO Racingの「コペン GR SPORT」は238万2200円~243万7200円となっています。

駆動方式こそ異なるものの、ホンダS660の生産終了がアナウンスされた中、コペンは唯一の軽オープンスポーツになっています。

塚田 勝弘