ETRC欧州トラックヘッド戦が『パリ協定』を批准。2021年からバイオ燃料も採用へ

 欧州の物流を支える企業や労働者層とその家族、そして多くのファンから熱烈な支持を集めるトラックヘッドによる肉弾戦、ETRCヨーロピアン・トラック・レーシング・チャンピオンシップ。そのシリーズ運営を担う選手権プロモーターのETRAヨーロピアン・トラック・レーシング・アソシエーションとFIA国際自動車連盟は、2021年シーズンを前に「安全性、持続可能性、プロのトラックドライバーの不足という3つの戦略的柱に焦点を当てる」とし、チャンピオンシップを次の章に進めるべく『パリ協定』にコミットするとアナウンス。その一環として、再生可能資源から生成されるバイオ燃料の採用も決めている。

 2020年末の段階で、ETRAとその筆頭株主であるADAC Mittelrhein(ADACミッテルライン)、そしてFIAの3者は、2025年まで欧州トラックレース選手権のFIAステータスとプロモーション契約を延長する際、3つの重要な優先事項を策定した。

 その主眼は「将来に向け、トラックレースのプラットフォームを適応させ、準備するため」とされ、2021年は持続可能性への移行に大きな焦点を当てると確約。その最初のステップとして、ETRAは遅くとも2038年までに二酸化炭素などの温室効果ガスの排出量を実質ゼロにすることを意味する“Net Zero(ネット・ゼロ)”に到達すべく、パリ協定への批准を進めるとした。

「我々はチャンピオンシップを次のレベルに引き上げ、明確な目標を掲げて業界の最前線に立ちたいと考えている。ETRCとして、レーストラックの内外で道路輸送と運輸業界の持続可能な技術開発と、その主要なプラットフォームになりたいと考えているんだ」と狙いを明かすのは、ETRAマネージングディレクターのゲオルグ・フックス。

 その持続可能性への移行に焦点を当てた動きとして、2021年の重要な施策のひとつがバイオ燃料の採用で、ETRCは完全な再生可能資源から生成された燃料(HVOバイオフューエル)を使用する最初のFIA選手権になることが確定。その技術的詳細や特性、サプライヤーなどの情報は追ってアナウンスされるという。

2021年も引き続き#onetruckfamilyのイニシアチブのもと、ヨーロッパ全体でのプロのトラック運転手不足解消を促進する取り組みも継続する

■2021年シーズンはイタリア・ミサノを皮切りに全7戦を予定

「我々は兼ねてから株主やFIA、そしてシリーズパートナーと長い間このトピックに取り組んできた。2020年のパンデミックによってわずかに混乱は生じたが、今後数週間から数カ月の間に具体的な行動を起こし、実際のホイールを動かすことができてうれしく思う」と続けたフックス。

 2020年は度重なるスケジュール変更を受け、最終戦を前に第3波到来で感染拡大が止まらない新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を考慮し、ドライバー、チームの両タイトルを「授与しない」苦渋の決断を下していたETRCだが、2021年も引き続き#onetruckfamilyのイニシアチブのもと、ヨーロッパ全体でのプロのトラック運転手不足解消を促進する取り組みを継続する。

「我々には素晴らしいプラットフォームがあり、それを利用して変化を推進することこそ、ETRCのシリーズ全体の責任なんだ」

 そう語るフックスの言葉どおり、このETRCの主要なファン層となる輸送・運輸業界は、世界的パンデミックの渦中でも主要な産業であり続けており、どの国でも日常生活に必須の食料品や医療機器の供給を維持し続けている。

「我々はそんなファンへの強い愛着を持って、レースの興奮という独自の愛すべきキャラクターを維持しながら、業界の技術開発に対応するための最先端のアプローチを採用したい。新しい技術の開発がレースの極限状態で確実に機能することを示すことができれば、人々が新しいテクノロジーを理解し、受け入れるのに役立つだろう」

 2021年カレンダーは依然として暫定ながら、5月22~23日の週末にイタリア・ミサノで開幕を迎える全7戦を予定。ドイツの盟主MAN(マン)や、イタリアのIVECO(イヴェコ)、そしてボンネットキャブの雄、FREIGHTLINER(フレイトライナー)らが熾烈なバトルを繰り広げる。

例年、WTCR世界ツーリングカー・カップやTCRヨーロッパなどと豪華なジョイントイベントも開催する