スバル/STI、SUBARU BRZ R&D SPORTの2021年マシンカラーリングを発表

 4月5日、スバル/STIは2021年のスーパーGT GT300クラスに参戦するSUBARU BRZ R&D SPORTのマシンカラーリングを発表した。すでに新型BRZ GT300は2月にお披露目されたが、新たにスポンサーロゴをまとったものが公開された。実車はスーパーGT第1戦岡山で公開される。

 長年スーパーGTでR&D SPORTとともに戦うスバル/STIは、2021年に向けて4月5日に日本仕様が公開された新形BRZをベースとしたSUBARU BRZ R&D SPORTでGT300クラスに挑む。いよいよ4月10〜11日はシーズン開幕戦となる第1戦岡山を迎えるが、開幕を前にそのカラーリングがお披露目された。

 すでに2月22日に公開された時点で、ブルーとブラック、そしてSTIの魂が一本通るイメージ、両脇のラインが水平対向をイメージするカラーリングがお披露目されていたが、新たに協賛各社のロゴが加わった。2021年はKeePer技研株式会社、スバル用品株式会社、富士部品工業株式会社がパートナーに加わり、協賛各社のコーポレート&ブランドロゴが映えるデザインに仕上げられている。

『ライトウエイト・コーナリングマシン』をコンセプトに作り上げられた新型BRZ GT300。目標とする全戦ポイント獲得、そしてシリーズチャンピオンに向け、いよいよ開幕に挑む。

SUBARU BRZ R&D SPORTの2021年マシンカラーリング
SUBARU BRZ R&D SPORTの2021年マシンカラーリング
SUBARU BRZ R&D SPORTの2021年マシンカラーリング
SUBARU BRZ R&D SPORTの2021年マシンカラーリング