今年の新人は速くて強い。阪口に宮田、スーパーフォーミュラ初戦での驚きと手応え【第1戦富士決勝】

 全日本スーパーフォーミュラ選手権を戦うレギュラードライバーとして迎えた2021年シーズンの第1戦富士で見事、7位入賞の宮田莉朋(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)と9位で初入賞を果たした阪口晴南(P.MU/CERUMO・INGING)。予選ではふたりともQ3進出を果たして新時代の到来を予感させたが、第1戦富士のレースでは手応えとともに、さまざまな課題を見つけられたようだ。

 宮田、阪口ともに昨年までに代役としてスーパーフォーミュラを経験していただけでなく、レギュラー参戦が決まった今年のオフテストから、その速さには定評があった。

 実際、開幕戦富士の予選でも両者ともQ3進出を果たし、さらに同じくデビュー戦となる大津弘樹(Red Bull MUGEN Team Goh)もQ3進出を果たしたことから、新鮮な顔ぶれが予選上位に並んだ。

 しかし、阪口、宮田ともにスタートでそれぞれ4つポジションを下げてしまう。まずは予選5番手からスタートした阪口が振り返る。

「これから検証しなければわかりませんが、グリッドに着くスタート前にステアリングのトラブルがあって、修復してもらったのですけど、それが影響したのか想像以上にクラッチがつながってしまって、ホイールスピンが多くなってしまいました。すごくもったいなかった」と阪口。

 一方の宮田も、6番手スタートからオープニングラップを終えて11番手。原因はホイールスピンだった。
 
「まだ原因はわかってはいないんですけどホイールスピンをしてしまいました。出だしはよかったんですけど、そのよい出だしのまま進んでいければスタートで順位を落とすことなく行けたと思うので、そのスタートで遅れたのはもったいなかったですね」

 他車のトラブルやオーバーテイクなどがあり、3周目から9番手阪口、10番手宮田の順で周回を重ね、14周目に宮田が阪口をオーバーテイク。

 阪口は「僕のクルマはセクター3とストレートが遅いという、富士では簡単に抜かれてしまう状況でした。得意なところはコカコーラコーナーとトヨペット100Rコーナーだったのですが、タイムほど順位を上げて追い上げられるような状況ではありませんでした」と、その状況を振り返る。

 阪口にとっては、初めてのスーパーフォーミュラのレースでバトルやOTS(オーバーテイクシステム)の使い方も新鮮だったようだ。

「宮田(莉朋)選手とのバトルも、速度差が出るとブロックの仕方の感覚もいつもと違って、びっくりしました。そういう部分は勉強になりましたね。他にもバトルもそうですし、OTSを使ってのバトルも経験がなかったので、ゲームのように駆け引きができるなと感じました」と阪口。

2021年スーパーフォーミュラ第1戦富士決勝
2021年スーパーフォーミュラ 阪口晴南(P.MU/CERUMO・INGING)

 宮田も「午前のフリー走行ではクルマの調子がいまいちでしたが、エンジニアと話し合ってレースまでに改善できて合わせ込むことができた。クルマのバランスがよかったので、しっかりOTSを使って1コーナーでオーバーテイクもできました。順位も上げて挽回することができたのかなと思います。阪口選手とのバトルも同世代なので、みなさんが盛り上がってくれればうれしいですね」と振り返る。

 その後も2台は着実に周回を重ね、終わって見ればそれぞれ実績あるチームメイトを差し置いて、阪口が9位で初入賞、宮田が7位で今季初ポイントを獲得したが、レース後の感想はそれぞれ異なっていた。まずは阪口。

「結果は、あまりよくはないですね。悔しいです。ボロが出るだろうなと思っていたんですけど、やっぱり、しっかりとボロが出てしまった。改善できるポイントはたくさんあったと思います。ピットインでもチームが早い作業でコースに送り出してくれたのに、1コーナーでタイヤロックさせてしまった。タイヤのウォームアップが難しかったですが、それはみんな同じ条件なので、ああいう部分で経験のあるドライバーはきちんと堪えて、なるべく早くタイヤに熱を入れるという作業をしている。それは(スーパーGT)GT500でも活きることなので、そういう部分で経験の少なさが出てしまったなと思います」と話す阪口。さらに続ける。

「逆に予選は練習のときの走行から、速いタイムを出すというのはできていたので、ルーキーと言っても言い訳する余地はないと思っていたので、1戦目から予選は戦えると思っていました。でもレースではスタートがあって、ピット作業があってアウトラップがあって、燃料をたくさん積んでのロングランがあって、OTSのバトルがあって、これまでのカテゴリーとは全然違いましたね」

 初めてスーパーフォーミュラのレースを走りきって、反省しきりの阪口。一方の宮田は、ある程度の手応えを感じているようだ。

「ピットアウト後のアウトラップも結構頑張ったんですけど、先にピットインしてタイヤが温まっているクルマには抜かれてしまいました。でも、現状のなかではベストは尽くせたと思います。前を走っていた坪井(翔 P.MU/CERUMO・INGING)選手も目の前でスピンして、レース終盤は難しい状況でしたが、なんとか最後まで合わせ込めたのはよかったかなと思います」

「それでもやはり、これまでのカテゴリーと比べてスーパーフォーミュラはピット作業もありますし、OTSを使うタイミングや使い方は難しいですね。ピットタイミングも、どこで入る、どこまで引っ張るという作戦がスーパーGTなら二人一組で走っていない方がエンジニアと相談して決めることができますけど、スーパーフォーミュラは走りながら無線でエンジニアと決めるという状態。特に今回はレース終盤にウェット宣言が出るような雨が降ってくる展開だったので難しかったです」と宮田。

2021年スーパーフォーミュラ第1戦富士決勝
2021年スーパーフォーミュラ 宮田莉朋(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)

 宮田は昨年、2戦に代打出場してレースでも入賞を果たしているが、そのときよりも今回は大きな収穫があったようだ。
 
「去年も代打でレースに出させてもらいましたけど、ようやくレースできちんとタイヤを保たせつつ最後までいいペースで走れたという手応えです。昨年のニック(キャシディ)選手のような走りができたと思うので、予選順位をもっと上げて、クルマのセットアップ、ドライビングを含めて、ニック選手以上のパフォーマンスを出せるようにしたいなと思います」と宮田。

 宮田、阪口、そして今回は入賞は叶わなかったが予選で速さを見せた大津、そして小高一斗(KCMG)と、ルーキーたちが今年のスーパーフォーミュラの勢力図を大きく刺激しそうな勢いを見せた開幕戦。伸び悩む実力者たちの背後には、もう彼らが迫ってきている。