スーパーフォーミュラ・ライツ第2戦富士は激しい争いを制した佐藤蓮が初優勝! 名取が2位

 4月4日、静岡県の富士スピードウェイで全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第2戦の決勝レースが行われ、激しいトップ争いを制した佐藤蓮(TODA FIGHTEX)が2戦目でスーパーフォーミュラ・ライツ初優勝を飾った。第1戦ウイナーの名取鉄平(Byoubugaura B-MAX Racing 320)が2位、3位は野中誠太(Kuo カローラ中京 TOM’S 320)となった。

 4月3日に第1戦が行われた全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権。開幕戦では名取が嬉しい初優勝を飾ったが、4月4日8時25分にフォーメーションラップが始まった第2戦は、晴天の下スタートが切られた。なお、スタート直前のコースイン時に平良響(Kuo カローラ中京 TOM’S 320)が駆動系トラブルのためグリッドにつけず、11台でスタートが切られた。

 前日の公式予選で1分33秒654をマークし、ポールポジションからスタートした名取は、第1戦同様スタートを決めると、イン側へマシンを振りトップでTGRコーナーへ。佐藤、アレジ、そして野中誠太(Kuo カローラ中京 TOM’S 320)、河野駿佑(RS FINE K&N 320)と続くが、2周目に神晴也(Albirex-RT)がコカ・コーラ・コーナーで河野をパス。5番手につける。

 第1戦同様、レースは名取のすぐ背後に佐藤がつけ、ややギャップをおいてアレジが続く展開となるが、名取と佐藤は1秒以内の戦いを展開。7周目のダンロップ・コーナー、8周目のTGRコーナーでは佐藤が名取に並びかけるなど激しいバトルとなり、アレジも少しずつトップ争いに近づいていった。

 そんなトップ争いは、11周目のTGRコーナーで決着する。ブレーキングでロックしてしまった名取のインに佐藤が入り、ついに首位交代。佐藤はそのままマージンを広げ、1.903秒差をつけフィニッシュ。スーパーフォーミュラ・ライツ第2戦で初優勝を飾った。TODA RACINGの優勝は2019年第10戦で大湯都史樹が優勝して以来だ。

 2位は名取となったが、トップ争いのすぐ背後につけていたアレジは、11周目のパナソニックコーナーでアウト側の縁石に乗り、まさかのスピン。これで3位争いは野中と神の争いとなったが、最後までポジションを守った野中が3位でフィニッシュ。初表彰台を獲得した。

 4位は神で、自身最上位を更新。スタートで順位を落としたものの、追い上げた三宅淳詞(MAX RACING 320)が5位でフィニッシュ。スピンしたアレジは6位となった。マスタークラスは今田信宏(JMS RACING with B-MAX)が2連勝を飾っている。

全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権
第2戦富士 決勝レース結果

Pos M No Driver Car Name Car Laps Grid Qualify
1 2 佐藤蓮 TODA FIGHTEX TODA RACING 15 2 1’33.671
2 50 名取鉄平 Byoubugaura B-MAX Racing 320 B-MAX RACING TEAM 15 1 1’33.654
3 1 野中誠太 Kuo カローラ中京 TOM’S 320 TOM’S 15 4 1’34.043
4 5 神晴也 Albirex-RT ALBIREX RACING TEAM 15 8 1’34.306
5 10 三宅淳詞 MAX RACING 320 ルーニースポーツ 15 7 1’34.244
6 36 G.アレジ TOM’S 320 TOM’S 15 3 1’33.834
7 35 河野駿佑 RS FINE K&N 320 RS FINE 15 6 1’34.194
8 51 小山美姫 B-MAX ENGINEERING 320 B-MAX ENGINEERING 15 9 1’34.745
9 30 DRAGON TEAM DRAGON B-MAX 320 B-MAX ENGINEERING 15 11 1’35.172
10 M 4 今田信宏 JMS RACING with B-MAX B-MAX ENGINEERING 15 10 1’34.861
11 M 11 植田正幸 MAX RACING RN320 ルーニースポーツ 15 12 1’36.975
DNS 37 平良響 Kuo カローラ中京 TOM’S 320 TOM’S 0 5 1’34.069

天候:曇り 路面:ドライ
ファステストラップ:佐藤蓮(TODA FIGHTEX) 1’33.923 3/15

スーパーフォーミュラ・ライツ第2戦富士のスタート
スーパーフォーミュラ・ライツ第2戦富士のスタート
名取鉄平(Byoubugaura B-MAX Racing 320)と佐藤蓮(TODA FIGHTEX)の争い
名取鉄平(Byoubugaura B-MAX Racing 320)と佐藤蓮(TODA FIGHTEX)の争い
リードする佐藤蓮(TODA FIGHTEX)
リードする佐藤蓮(TODA FIGHTEX)
パナソニックコーナーでスピンを喫したジュリアーノ・アレジ(TOM'S 320)
パナソニックコーナーでスピンを喫したジュリアーノ・アレジ(TOM’S 320)
野中誠太(Kuo カローラ中京 TOM'S 320)野中誠太(Kuo カローラ中京 TOM'S 320)
野中誠太(Kuo カローラ中京 TOM’S 320)
三宅淳詞(MAX RACING 320)
三宅淳詞(MAX RACING 320)
スーパーフォーミュラ・ライツ第2戦富士 表彰台
スーパーフォーミュラ・ライツ第2戦富士 表彰台
優勝を喜ぶ佐藤蓮とTODA RACING戸田憲吾代表
優勝を喜ぶ佐藤蓮とTODA RACING戸田憲吾代表
初表彰台を獲得した野中誠太(Kuo カローラ中京 TOM'S 320)
初表彰台を獲得した野中誠太(Kuo カローラ中京 TOM’S 320)