モータースポーツの振興と安全に関して活動するFRDAの会長に山本尚貴が新任。副会長には平川亮

 全日本スーパーフォーミュラ選手権に参戦するレーシングドライバーたちで構成されるフォーミュラ・レーシング・ドライバー・アソシエーション(FRDA)は4月2日、2021年度の会長、副会長を選出、決定したと発表した。

 FRDAは、スーパーフォーミュラの運営団体である日本レースプロモーション(JRP)、そして国内統括団体の日本自動車連盟(JAF)、その他の関係団体との協調をはかりつつ、ドライバーの立場から国内最高峰フォーミュラシリーズおよびモータースポーツ全体の振興と安全に関して活動を行っている団体だ。

 2021年度のFRDAの会長には、新任となる山本尚貴(TCS NAKAJIMA RACING)が選出された。また、副会長にはこちらも新任の平川亮(carenex TEAM IMPUL)が任命されている。

 そして、前会長を努めた中嶋一貴(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)および、前副会長の石浦宏明はオブザーバーとしてFRDAの行動を引き続きサポートしていくという。

2021年度フォーミュラ・レーシング・ドライバー・アソシエーション(FRDA)
会長:山本尚貴(新任)
副会長:平川亮(新任)
オブザーバー:中嶋一貴/石浦宏明

2021スーパーフォーミュラ第1戦富士 山本尚貴(TCS NAKAJIMA RACING)
2021スーパーフォーミュラ第1戦富士 山本尚貴(TCS NAKAJIMA RACING)
2021スーパーフォーミュラ第1戦富士 平川亮(carenex TEAM IMPUL)
2021スーパーフォーミュラ第1戦富士 平川亮(carenex TEAM IMPUL)