スポット参戦の渡辺一樹がポール獲得。フロントロウは中須賀と清成/全日本ロード第1戦もてぎ JSB1000予選

 4月3日、栃木県のツインリンクもてぎで行われた2021年の全日本ロードレース選手権開幕戦もてぎのJSB1000クラス予選は渡辺一樹(YOSHIMURA SERT MOTUL)が制した。

 40分間のタイムアタック形式で行われた開幕戦の予選。まずは中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)と清成龍一(Astemo Honda Dream SI Racing)が1分48秒後半のタイムでの争いを展開。

2021年全日本ロード第1戦もてぎ JSB1000:中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)
2021年全日本ロード第1戦もてぎ JSB1000:中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)

 残り10分切ったところでタイムアタック合戦が激化。スポット参戦の渡辺一樹が1分48秒587でトップに浮上。渡辺一樹はさらにタイムアタックを続け、1分48秒410、1分48秒335、1分48秒330と周回ごとにタイムを更新した。

2021年全日本ロード第1戦もてぎ JSB1000:清成龍一(Astemo Honda Dream SI Racing)
2021年全日本ロード第1戦もてぎ JSB1000:清成龍一(Astemo Honda Dream SI Racing)

 清成が1分48秒403、中須賀が1分48秒481と追いかけたものの届かず、渡辺一樹がポールポジション獲得となった。

 渡辺一樹は「久々のポールポジション獲得でうれしいです。ヨシムラに移籍して初のポールポジション。ヨシムラとしても久々ということで、うれしいです。今年の参戦目的は開発なので、パーツを試しながらの走行です。そんな中でメカニックがうまくいいバランスを考えてくれて、うまくいきました」とコメント。

 午後に行われるレース1に向けて気合いを入れ直していた。

2021年全日本ロード第1戦もてぎ JSB1000:中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)
2021年全日本ロード第1戦もてぎ JSB1000:中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)
2021年全日本ロード第1戦もてぎ JSB1000:亀井雄大(Honda Suzuka Racing Team)
2021年全日本ロード第1戦もてぎ JSB1000:亀井雄大(Honda Suzuka Racing Team)
2021年全日本ロード第1戦もてぎ JSB1000:濱原颯道(Honda Dream RT 桜井ホンダ)
2021年全日本ロード第1戦もてぎ JSB1000:濱原颯道(Honda Dream RT 桜井ホンダ)
2021年全日本ロード第1戦もてぎ JSB1000:加賀山就臣(Team KAGAYAMA)
2021年全日本ロード第1戦もてぎ JSB1000:加賀山就臣(Team KAGAYAMA)
2021年全日本ロード第1戦もてぎ JSB1000:渡辺一樹(YOSHIMURA SERT MOTUL)
2021年全日本ロード第1戦もてぎ JSB1000:渡辺一樹(YOSHIMURA SERT MOTUL)